2014年5月に島根スサノオマジックの運営会社であります(株)山陰スポーツネットワークの社長に就任し、昨年の8月まで3年間プロバスケットボールクラブの運営をしてきました。8月からは取締役会長としてどちらかというと大所高所から意見を言うという立場にありましたが、また今年の2月から(クラブライセンスのこともあったので)ある程度経営の一線に復帰し、細かなところについても指導をしています。

 ただ自分の経営する会社の大きなミッションもあるため「二足のわらじ」を続けるのは難しく、 今期をもって取締役を退任する予定にしています。しかし、愛してやまない島根スサノオマジックのことですので、今後は株主の一人として個人的に支援していこうと考えています

 さて、今回のブログのタイトル「経営的なことのまとめ」は、地方のプロバスケットボールクラブの運営の中で大事だなと思ったことや具体的に行ったこと等、備忘録的に書いてみたいと考えています。(その1)とあるように、長くなるので空いた時間を見つけながら何回かに分けたいと思っています 弊クラブの若手社員の中でもスポーツ経営に興味を持ってくれている人もいるので、少しでも参考になればと思います。

【フロントの熱い思いを伝える】
 経営について書くと言いながら、いきなり概念的な話になってしまい申し訳ありません。ただ、熱心なブースターの一人だった自分がクラブの社長に就任するというちょっと変わった体験をした立場から言うと、このことはすごく大事なことだと感じています。

 たまに「チームは応援するけどクラブ(球団)は嫌い」、「チームは大好きだけどフロントは嫌い」というコメントをSNSで見ることがあります。私もブースター時代にそう思ったことはけっこうあったので気持ちはよく分かります(笑) ただ、実際には経営破綻で球団が無くなってしまうとその地域にチームは存続しなくなりますので、チームとクラブは一心同体だということをご理解いただきたいなとも思います。

 都会のクラブだと他の会社が買収するということもあると思いますが、地方だとなかなか厳しい。というのも、地方は様々な関係性の中で出資をしたりスポンサーになっていることや、1社の額がそこまで大きくないのですごく裾野を広げて多くの方々にご支援いただいているクラブが多いと思います。そこで倒産してしまうと本当に多くの利害関係社に金銭的にも迷惑をかけてしまうため、「もう二度と関わりたくない」という思いがその地域に出てしまい、再度クラブを立ち上げるのは環境的に厳しくなるのではないでしょうか。なので、地方のスポーツクラブについては、今あるクラブをファンやスポンサー、地域全体が全力で支え、存続させ続けることが重要なのではないかと思います。

 そういう機運を盛り上げるためにフロント側がやらなければならない大切なことは、ファンの方々、ブースターの方々にフロントとしても思いを伝えること。”裏方”に徹しすぎるのではなく、もっと自分たちの気持ちを伝えたり、自分たちの頑張りをアピールしてもいいんじゃないかなと思います。そうすることで、少しでも「チームは応援するけどクラブ(球団)は嫌い」という状況を改善する努力をクラブ側がすべきだと感じますね(ただ、シーズン終了後にすべての選手と契約が継続できる訳ではないので、どうしても「チームは応援するけどクラブ(球団)は嫌い」と言われるのはしょうがないと思います でも少しでも改善は必要です。)。

 大事なのはブースターの皆さんとフロントメンバーとのコミュニケーションだと思います。できれば経営トップがSNSで発信すると効果が大きいと思いますが、それぞれの考えや性格もあると思いますのでなんとも。。よく考えたらあまり発信している経営トップは多くないですね

 フロントは自身のSNSで気持ちをアップするのではなく(それは混乱を招くのでやめたほうがいいと思います)、ブースターの皆さんに喜んでいただける企画をどんどん実施して、それを公式SNSで積極的にアピールすることだと思います。私も毎週各担当者とミーティングを行っていますが、その際に「企画を作ってそれを公式SNSでアピールしよう!フロントの積極的な取り組みは必ず評価していただけるから頑張ろう!」と言っています。私自身も自分のTwitterでフロント社員の名前を出して褒めてみたり、できるだけ彼らの頑張りをアピールしようと心がけています。また、今まで公式SNSの担当者が変わったりしていましたが、ここしばらく安定してきたので少しずつ「中の人」もアピールできるといいなと思っています。

 島根スサノオマジックでいうと、私が入社する前の神話第四章の際の話を聞くと「チームの成績が振るわず、フロントもどうしても縮こまってしまった。厳しくご指摘を受けるので、外に出てブースターさんとコミュニケーションを取るのが怖いと感じてしまった。」ということがありました。でもそれでは悪循環になります。チームの状況が悪くても、フロントは下を向くことなくシャンとして前を向くこと。成績に関係なくフロントはチームのため、ブースターの皆さんのために一生懸命汗をかき、その姿や心意気を見てもらうことが大事だと思います。

 スポーツに関わる仕事なので、大事なのはブースターの皆さんと同じ気持ちの熱さを表現することかなと思っています。当然ながら経営なので冷静な判断や時には厳しい決定もするわけですが、でも心の中にあるチーム愛はブースターの皆さんに対して表現する方がいいと私は思っています。

 ということで、(その1)は終わります。次はもっと財務的な話をしようかと思います

 今日はホームで大阪エヴェッサとの試合を行った後に、場所をホテル一畑に移して「島根スサノオマジック後援会設立総会」ならびに設立祝賀会を開催いたしました 後援会会員企業の皆様、来賓の方々はじめ多くのご参加を賜り、誠にありがとうございました

 島根スサノオマジックは今まで後援会が組織されていなかったのですが、この度いよいよ後援会を設立するはこびとなりました。ご入会いただく対象は、本会の目的に賛同していただける個人事業主様、法人様、もしくは団体様となっており、いわゆる仕事関係の方々に入会していただきたいと考えています。一方、ブースタークラブは個人のファンの方々にご入会いただくものです。法人会員様の後援会、個人会員様のブースタークラブは”車の両輪”のように無くてはならないものであり、島根スサノオマジックというチームをもっと前に進めていくために本当に大切な存在だと考えています。

 後援会の設立の最大の目的は”島根スサノオマジックを支えていただける方々の裾野を広げること”です。B1に昇格し、他のB1クラブとの財政的な規模の違いをまざまざと見せつけられ、地方都市に位置する島根スサノオマジックがこのまま手をこまねいていてはダメだと痛感しました。しかし、B1の企業クラブのように1社で数億円のスポンサー料金をいただけることは地方では無理であるため、広く浅くといいますか、やはり支援していただける方々の「裾野を広げる」ことが絶対的に必要だと考えたのです。そうすることでしかBリーグの世界で、特にトップリーグで生き残っていくことはできないと。

 そして、危機感を持っただけで何もアクションを起こさないのであれば状況を変えることはできないので、まずはアクションを起こしてみようと考え、松江商工会議所の古瀬会頭様や多くの方々のご賛同を賜り、この度設立総会を開催するはこびとなりました。ご支援いただきました皆さまに心より感謝申し上げます
設立総会
設立総会古瀬会頭
 この度、島根スサノオマジック後援会の会長には松江商工会議所の古瀬会頭様(山陰合同銀行前会長)にご就任いただくことになりました。誠にありがとうございます 心より感謝申し上げます。

 そして、設立総会には来賓として島根1区選出の衆議院議員であられます細田博之代議士、松江市議会森脇議長、島根経済同友会の川上代表幹事、久保田代表幹事をはじめ多くの政界・財界の方々にご参加いただきました。
設立総会来賓
 更に、細田博之代議士には後援会の名誉会長にご就任いただきました。細田代議士におかれましては、本日たいへんお忙しい中、試合も観戦いただき、総会ならびに懇親会にもご参加賜りました。重ねて御礼申し上げます。
細田先生ご挨拶
 そして、後援会副会長には島根県バスケットボール協会会長で、島根県議会議員の福田正明先生にご就任いただきました。下の写真は福田先生に後援会懇親会で中締めのご挨拶をいただきました際の写真です。
福田先生中締めのご挨拶
 また、島根スサノオマジックというチームの創業者であられます株式会社藤井基礎設計事務所の藤井会長には名誉顧問にご就任いただきました。そして、2007年度に一度bjリーグに参加申請をして落選した後に、官民挙げて再チャレンジしようということになり「島根県スポーツ地域振興推進会」が設立され、その会長としてスサノオマジックがbjに参入できた立役者として組織を引っ張っていただいた株式会社ミックの宮脇社長にも特別顧問にご就任いただきました。株式会社ミック様は島根スサノオマジックの大株主であり、宮脇社長は島根経済同友会の前代表幹事でもあります。
宮脇社長乾杯の音頭
 また、弊クラブといたしましては今後も更に多くの方々にご入会いただき、役員にご就任いただきたいと考えております。特に今後は宍道湖・中海県域約70万人で広く支えていただきたいと考えており、当該各地の商工会議所様はじめ各経済団体様に積極的にアプローチさせていただきたいと思っています。

 当然ですが、こういった組織はどなたにトップに立っていただくか、どういった組織図で進めていくかが非常に重要です。地域の政界、経済界の重鎮の方々に島根スサノオマジックの必要性、地域における存在意義をご理解いただいて役員にご就任いただくことで、これからの賛同の得られ方や組織の広がり方がまったく異なってきますね そういう意味でも今回の設立総会は大成功だったと感じています 本当に心から感謝申し上げます。

 総会終了時に古瀬後援会会長の囲み取材がありました。大変多くのメディアの方々がお越しになられており、関心の高さを感じました 嬉しかったです
囲み取材
 下の写真は全員の集合写真です。鈴木HCや選手全員も写真に参加しましたに
設立総会全体写真
 島根スサノオマジック後援会の年度は4月〜翌年3月末までです。3月9日から後援会会員の募集をスタートさせ、今現在で88社にご加入いただいております(口頭でご了解をいただき、申込書のFAXが未着の会社様はカウントしていません)。1ヶ月で約100社様にご入会いただけたのはとても大きいと思っています。ただ今年度の目標数は300社ですので、これから更に頑張ります

 総会後の祝賀会には選手たちも各テーブルで着席し、いろんな話をして盛り上がりました
総会懇親会
懇親会の風景
 そして、祝賀会の最後には鈴木HCと佐藤キャプテンのご挨拶がありました。皆この地に後援会が設立され、クラブを支えてくれることに対し心から感謝の言葉を表していました♫
鈴木HC挨拶
佐藤キャプテン挨拶
 17時半にはじまった島根スサノオマジック後援会設立総会。その後祝賀会会場に移動し祝賀会が終了したのが19:30くらい。なので2時間程度の短い時間ではありましたが、とても濃密な2時間だったと思います。

 再度の説明になりますが、今回私たちが島根スサノオマジック後援会の設立のために活動したのは、チームをお支えいただける法人の方々の裾野をもっと広げていきたいと考えたからです。都会のように1社で大きな額のスポンサーになっていただけるというのは地方都市では難しいですが、地方の良さは”地元に唯一存在するおらが街のプロバスケットボールチームをみんなで支えていこう”と思っていただけるあたたかい心であり、郷土愛だと感じています。その熱い力を結集すれば、都会にも負けないような大きな力になり、その大きな支えによって島根スサノオマジックは素晴らしいチームになると考えました。

 各種経済団体様にご支援いただくことで、経済界で「島根スサノオマジックを面倒みてやろう」という気持ちを今まで以上に持っていただき、団体様で試合観戦いただくとか、団体様の事業活動の中に何かしらの”島根スサノオマジック支援事業”という言葉が入ってくると、すごく嬉しいです。そうやって地元経済界を巻き込んでいくことは私たちクラブにとっては絶対的に重要だと考えています。今まで藤井会長や宮脇社長が作ってこられた礎(いしずえ)の上で、4年前から太田取締役(博愛社社長)や私のようなまだまだ若手の”のぼせもん”が一生懸命頑張って来ましたが、これからは後援会という組織で推進していくということで本当にホッとしています。

 更に、今回の年会費であります5万円分のチケット(2階自由席券20枚)を各会員企業様にお渡ししています。そのチケットは、例えば社員さんに「会社でチケットもらったから行っておいでよ。」とお渡しいただいたり、お得意先様へお配りいただくのではないかと想像しています。そうなることで、今まで島根スサノオマジックの試合会場に足を運んだことがない人たちが「会社から無料チケットをいただいたから行ってみようか。」となり、実際の会場では大迫力のプロの試合を見て熱心なファンになっていただけるのではないかと期待していますつまり、後援会の会員企業様の先には多くの社員さんや関係会社さんがおられ、どんどん裾野が広がっていくということです

 いろいろ長く書いてしまいましたが、私たちにとって島根スサノオマジックの後援会設立はそれだけ重要な転機になることだと認識しています。多くの方々にご賛同いただき、せっかく作っていただいた宝もののような後援会組織をこれから大切にし、更に発展できるよう全力で頑張ります

 一昨日は島根県民会館におきましてブースターパーティーを開催させていただきました。多くのブースターの皆様にお越しいただき、誠にありがとうございました❗️
QV7A5322
 今回の参加者は6名でした #0佐藤キャプテン、#1岡本飛竜選手、#7渡邊翔太選手、#9熊谷宣之選手、#11後藤翔平選手、#22小阪彰久選手です❗️
QV7A5380
QV7A5394
QV7A5411
QV7A5376
QV7A5530
QV7A5409
 それぞれ個性派揃いの6名。ブースターの皆様の各テーブルに行って、一緒に写真を撮ったりサインを書いたり、いろんなお話をさせていただいたり。とても盛り上がっていました!小阪選手には「普段から私服はこういう雰囲気なの?」と聞いたら、「いえ、この日のために仕込んできました!」とのこと。ブースターの皆さんに喜んでいただきたいという気持ちだったんだなと分かりました。彼の性格の良さをすごく感じましたね

 それにしてもすごく盛り上がって本当に良かったです❗️成績的には厳しい現状なので、ブースターパーティーを開催するまでは少し不安も感じていました。でも、実際に始まってみると多くのご参加をいただきましたし、何よりブースターの皆さんがすごく喜んでくださって、皆さんの笑顔を見て「本当にやって良かった!」と感じました

 どんな状況になっても、クラブとしては勝利を掴むために最善の努力をする。試合に負けてもすぐに気持ちを切り替えて、前を向いて進む。私たちはシンプルにそれだけを思って頑張っています。そこにブレはありませんし、勝負の世界はそれだけしかないと思います。

 ただ、そうは言ってもブースターの皆さんには不安や不満を感じさせてしまっているといつも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも、実際にブースターの皆さんが目の前で選手と交流して喜んでいただけている姿を見ると、何というかホッとしました。最近の厳しいSNSでのコメントやいろんなことであれこれ悩むのではなく、目の前のブースターさん一人ひとりと向かい合い、大切にしていくべきなんだと強く感じました。SNSという漠然とした、なにものか分からない世界の中で不安になるより、目の前におられるブースターさんと語り合い、「すごく応援していただいているんだな。本当にありがとうございます」と心から感謝し、この方々の熱い応援に報いるためにも頑張らないといけないと自分たちを鼓舞すること。やはりネットよりリアルな世界が大事だなと感じました

 選手たちも今回のブースターパーティーですごくエナジーをもらったと思います 佐藤キャプテンも最後の挨拶で「心から楽しかった♫」と言っていましたし、多くの選手がブースターの皆さんの熱い声援が自分たちの力になると言っていました。

 やっぱり人は自分だけのために頑張るということよりも、他の人のために頑張ると思う方が頑張れるということがありますね。私たちや選手たちは、「これだけ熱く応援いただいているブースターの皆さんのためにも頑張ろう❗️」とすごく感じるものです。そういう意味でも、ブースターの皆さんには心より感謝しています😄

 今日の最後の締めとして、選手、ブースターの皆さん、そしてフロントスタッフ全員で円陣を組んで掛け声をしました。私にとっても本当に素晴らしい経験になりました(初めてです❗️)。
IMG_3010
 掛け声は渡邊選手で、「ワン、ツー、スリー、チーム❗️」と全員が大きな声を出しました。この掛け声は今シーズンの島根スサノオマジックの掛け声とのことでした。皆さんと一緒に肩を組み、一緒に「チーム❗️」と言うことが出来、個人的にはすごく感動しました

 B1に昇格した今シーズンも、残すところあと22試合。そのうち15試合はホーム戦です 他のチームにとって脅威である島根ブースターの皆様の激しく熱い声援を力に変えて、私たちはこれからも一生懸命頑張ります。ぜひこれからも応援よろしくお願いいたします。

 ブースターパーティーにご出席いただいた皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました

 今日はダブドリというバスケットボールの雑誌の取材を受けました インタビューをして頂いたのは、わざわざ東京から松江までお越しいただきましたすべすべさんとあつしさん❗️このお二人は東京から島根スサノオマジックの応援のためにお越しいただいたこともあり、またツイッターでいつもあたたかい励ましのお言葉をいただいており、当クラブとしては恩人のようなお二人です

 私も昨年の8月に社長を退任しましたので、「なぜ私に取材なのですか?」と伺ったところ、SNSでも積極的に発信しているB.LEAGUEのクラブ側の人間であり、またブースターからクラブ代表になった経緯にもご興味を持っていただいたということでした
IMG_2971
 インタビューの内容は、おそらく7月号くらいに掲載されると思いますのでその時にとっておきますね ただ、ここしばらくずっとブログを書いていなかったのですが、「読んでいただくことで伝わるものがあるのだから、やっぱりブログはこれからも書いていこう。」と思ったのは、今回あつしさんがブログを読んでくださって、その中から私が島根スサノオマジックに対して持っている思いとか、地域に対する気持ちを感じていただいているんだなと思ったからです。昨年末くらいから「社長を退いた人間がブログを書いて出しゃばっても良くないかな」と思っていたのですが、でも島根スサノオマジックや地域に対する熱い思いを発信することは、クラブのためにもなると感じました。これからまたぼちぼち書いていきますね

 「尾崎会長はなぜSNSで発信しているのですか?」と聞かれ、私が2014年5月に社長に就任した際の話をしました。その直前の神話第四章ではチームが最下位に沈み、SNSにはブースターの方々からの厳しいコメントがどんどん書かれていました。また、「フロントの◯◯さんが悪いらしい」等の根も葉も無い噂がブースターの間を飛び交っていたり、ひどいことに一部のフロント職員も社内の不満をブースターに漏らしており、ブースターだった私も当時はその多くを信じてしまいました。

 そのため、私が社長に就任した際に「愛する島根スサノオマジックをより良くするために、問題のある社員には厳しい対応をしよう!」と思って乗り込んだのですが、社内で一人一人面談をして詳しく話を聞いてみると、今まで聞いていた噂は全くのデマだったりしたので、SNSに飛び交う噂を鵜呑みにしていた自分が本当にダメだったと反省しました。

 そうした反省から、「発信してもいい内容であれば、できるだけフロントの状況も含めて正しく伝えたい。正しい情報が伝われば、ブースターの皆さんも私たちも島根スサノオマジックを愛する同志なのだから分かっていただけるはずだ。」と思い、積極的に発信するようになりました。

 また、SNSで最近同じことを書きましたが、数年間クラブを経営してきて「クラブの規模や能力以上にチームが強くなることはない。」ということが身にしみて分かりました。

 これは売上規模もそうですし、規模からくる内容であれば自前の練習体育館を持っているか、自前のジムを持っているか等の練習環境のことや、クラブの規模とは関係ないことであればその地域は選手本人だけでなく選手のご家族(奥様、お子さん)が住みたいと思う場所か(仕事場、学校・教育、住みやすさ等)ということもあります。また、当クラブのようにB2から上がってきたばかりのチームはある意味信用力が少ないのかもしれません。そういったことも含め、すべてがクラブの規模や能力です。そこを超えてチームが強くなることは無いと思いますし、まずはクラブがより成長することに一生懸命頑張り、その上でより良いチームを作っていかなければならないと感じています。

 クラブの運営側の人間として、そんな話(もっと色々話しましたが)をさせていただきました。すべすべさんやあつしさんから「フロントの仕事や考えをもっと知ることで、さらにチームのことが好きになるということもありますね!」と言っていただき、すごく嬉しく感じました ぜひ多くの人にフロントの仕事や、フロントがどう感じているかも関心を持っていただければ幸いです 

 あつしさん、すべすべさん、そしてダブドリの皆様、この度は取材をしていただき誠にありがとうございました

 11月3日、4日のホームVSアルバルク東京戦は、トヨタ自動車さんのクラブということもあって地元の島根トヨタグループ様にゲームスポンサーをお願いしました 本当にありがとうございます。心より御礼申し上げます。

 ご提案させていただいた時は、島根スサノオマジックと戦うチームがトヨタということもあって、島根トヨタのご担当様は「弊社がゲームスポンサーになってもいいのですか?」とご心配されておられました。でも私たちは「全然問題ありません 私たちにとってB1トップクラスのアルバルク東京さんにきていただけるのは素晴らしい機会なのです。ぜひこのまたとないチャンスを”オールトヨタ”で盛り上げていただけませんか?」とお願いしたところ、ご快諾いただきました。本当に感謝しかありません

 そして、試合当日にはこんなに素晴らしいイベントを作り上げていただきました 島根トヨタグループ様の機動力の大きさというか、すごさを感じました ご来場いただいたブースターの皆様もすごく喜んでおられて、私たちも嬉しかったです
ピックアップトラック
 このピックアップトラックはすごくカッコよかったです 買いたいな〜と思いましたが、弊クラブは予算的に厳しいので
電動カー
シュートチャレンジ
 シュートチャレンジもすごく盛り上がりました 弊クラブ龍岩社長もマスクマンとして参加させていただきました

 また、祝日・土曜日という自動車ディーラーの皆様にとって大変お忙しいタイミングに多くの方々にお越しいただき、誠にありがとうございました こうやってブースでお客様へのご説明をされたり、電動カートでお子さんの対応をされたりと、本当に頭が下がる思いです。さらには3日(金)には300人弱の大応援団にご観戦いただきました 心より感謝申し上げます。
受付ブース
行列
 こうしてスポンサーをしていただけるというのは、島根スサノオマジックの応援を通じて地元に貢献したい、地域を盛り上げたいという思いです それはどのスポンサー様も同じお気持ちで、いつもご契約いただく時に「スサノオマジックの会場に看板を出しても宣伝効果はないと思ってるよ。でもせっかく地元にある唯一のプロスポーツチームなんだから一緒に盛り上げたいよね。」と言っていただけます。本当はもっともっと宣伝効果が上がるように私たちクラブが努力しなければならないのですが

 先日の琉球戦は、私が社長を務めますアースサポート株式会社の「買取り堂」がゲームスポンサーをさせていただきました。その時にチラシを配らせていただいたのですが、後日にそのチラシを持ってご来店いただけたブースター様がおられたとのことで、店長から嬉しい報告を受けました 本当にそういうのはありがたいです というのも、私たち企業経営者は「地元のために少しでも貢献したい」と思って島根スサノオマジックのスポンサーになるのですが、社員に対してその資金拠出の理由を説明する必要があったりします。そういう時に、社員から「ゲームスポンサーになっていただいたお陰でお客様にご来店いただけました」と言われると、「ああ、良かった」とホッとするのです。

 これから島根トヨタグループ様のショールームに行かれるブースターの方々は、「この前の試合でブースを出しておられましたね ありがとうございます 嬉しかったので、あの時展示してあった車を見に来ました」と言っていただけますと、それが私たち島根スサノオマジックへのすごい後押しになります また、HPのスポンサー欄に出ている会社さんに行かれる際にも「スサノオマジックのスポンサーになっておられますね ありがとうございます。私もスサノオマジックの大ファンなんです」と言っていただけますと、またスポンサーさんが増え、私たちがチーム強化のために使えるお金が増えるという好循環になります

 実際に、弊クラブの大口スポンサーさんの東洋ソーラー株式会社様からも「ゲームスポンサーをやった時にアンケートを取らせてもらったけど、その時に実際に太陽光パネルをお買い上げいただきました スサノオマジックのブースターさんはすごいですね」と言っていただいたことがあります。そういうこともあり、今も継続して大口スポンサーになっていただけています。

 ブースターの皆様のこのようなご支援は本当にありがたいです 心より感謝申し上げます。ぜひ今後ともご協力賜りますよう、よろしくお願いいたします 共に島根スサノオマジックを盛り上げましょう

↑このページのトップヘ