本日は島根スサノオマジックにとってB1初年度のホーム開幕戦でした 土曜日の昼というお出かけにくい時間に、3,421人もの方々にお越しいただきました。誠にありがとうございます

 ホーム開幕は、昨シーズンのB1王者であります栃木ブレックスとの戦いとなりました。栃木と試合をする日が来るなんて、夢のようです 田臥選手と岡本飛竜選手のマッチアップを見て胸が熱くなりました
IMG_1324
 今日撮った写真を数枚アップしておきますね 応援に気合が入ってしまい、つい写真を撮るのを忘れてしまいました💦
IMG_DC65FD20F3EC-1
IMG_1310
IMG_DC078469290A-1
 B1に上がり、選手が大幅に入れ替わったりとシーズンインまではいろんなことがあり、悩むこともあったりしました。ただ、すべては島根スサノオマジックのため、地域を盛り上げるための決断であり、その決断をした後は絶対にブレずに末松GM、鈴木HCやチームを信じるだけだと思ってやって来ました。まずは1勝を、しかも昨年王者の栃木ブレックスからもぎ取ることができ、本当に嬉しいです

 これから長いシーズンが始まります。チームコンディションもUP DOWNがあると思いますし、そもそもB1という日本最高峰のリーグの中で私たちはチャレンジャーなので、簡単な試合はひとつもありません。厳しい結果が続くこともあるでしょう。でも、どんな時も私たちは末松GM、鈴木HC、チームを信じて前に進んでいきたいと考えています。

 今日の熱い応援は痺れました!選手たちに力を与えてくれたと思います。これからもぜひよろしくお願いします 共に戦いましょう

 今日は島根スサノオマジックとして特に地元松江でのメディア露出が多い日で、本当にありがたいと感じました 私たちの様々な取り組みをブースターの皆様に、そしてこれから関心を持っていただける方々にお伝えするには、メディアの皆様にご協力いただけることはすごく大きな力になります。島根ではプロスポーツクラブは私たちしかないということもあり、いつもすごく取り上げていただき、誠にありがとうございます

 今日はその中で特に2つの内容を書かせていただきますね。

 まずは今朝の山陰中央新報朝刊に折り込みで入っていた生活応援情報誌「りびえ〜る」です 巻頭特集に島根スサノオマジックを取り上げていただきました!誠にありがとうございます
1ページ目
2ページ目
3ページ目
 HPを見ると、りびえ〜るの発行部数は出雲版が12万部とのことです。多くの皆様の目にとまったのではないかと期待しています

 また、今シーズンは山陰中央新報様の「さんさんクラブ」と島根スサノオマジックブースタークラブのコラボレーションが実現しました!詳しくはこれから公式等で発表させていただきます

 今後ともなにとぞよろしくお願いいたします

 そして、いつも大変お世話になっていますTSK山陰中央テレビ様では、今日の13:55から「SUSANOO新時代〜バスケ界最高峰B1へ〜」という特別番組を放送いただきました 私もこの時間は家にいて番組を見させていただきましたが、すごく良い内容で感動しました
スサノオ新時代
 番組最後のこのシーン!カッコよかったですね
待ってろB1
  TSK山陰中央テレビ様も今シーズン大きなスポンサーになっていただいています 今シーズンはTSK様には試合会場でもイベントを実施していただく計画になっています(TSK様プレゼンツTシャツバズーカで盛り上げます)。

 TSK山陰中央テレビ様はグループ会社の株式会社ミック様も含め、島根スサノオマジックの運営会社であります株式会社山陰スポーツネットワークの大株主になっていただいています。

 このように、地元のメディアに様々なかたちで支えていただけるというのは、プロスポーツクラブにとってすごく重要なことだと考えています。今回の2つの事例だけでなく、日頃からNHK様、BSS山陰放送様、NKT日本海テレビ様、日本海新聞様、マーブル様、その他多くのメディア に取り上げていただいています 心から感謝いたします。

 今日は日曜日だったので、ゆっくり新聞やTVを見る時間がある人が多かったのではないかと思います。こういう機会に、10月7日にいよいよホーム開幕を迎える島根スサノオマジックの頑張りをみていただけると嬉しいですね これからも頑張ります
7homegamekaitei

↓↓チケット情報はこちら↓↓
=================================
10/7.8 ホーム開幕戦 VS栃木ブレックス
https://www.susanoo-m.com/news/30556.html
=================================
10/21.22 ホーム第2節 VS琉球ゴールデンキングス
チケット販売に関してはこちら
https://www.susanoo-m.com/news/31123.html
=================================
11/3.4 ホーム第3節 VSアルバルク東京
チケット販売に関してはこちら
https://www.susanoo-m.com/news/32250.html
 
 

 昨日は広島に出張していました 2年前から中国経済産業局様の取りまとめで中国地方のプロスポーツ団体が参加するセミナーが開催されていまして、私もその時から参加していました。座長は広島経済大学スポーツ経営学科の永田教授でした

 そして、今回は「地域プロスポーツ団体等による連携プラットフォーム構築事業」として装いを新たにし、昨日がその第1回連携協議会となりました。当クラブとしては本来は龍岩社長が参加すべきだと思いますが、今までの2年の流れもあったので私が参加することになりました
IMG_1051
 今回からあの有名なスポーツジャーナリストの二宮清純さんがプロジェクトマネージャーにご就任されました ご挨拶の中でもスポーツは地域振興、産業振興の”キラーコンテンツ”であり、国も2025年までにスポーツ産業を現在の5.5兆円から3倍の15兆円拡大することを目指しているというお話をいただき、すごく勇気が湧いてきました そして、スポーツの主役は「地域と住民」であること、スポーツは精神浮揚効果があり、地域の皆さんの”心のインフラ”だというお話を伺い、改めて島根県内唯一のプロスポーツクラブである島根スサノオマジックの責任は重いと痛感しました。私たちは小規模なクラブであり、まだまだ経営的には厳しいのですが、地域に興奮や感動を、子供たちに夢を提供できるようこれからも一生懸命頑張っていきます
IMG_1050
 このように地域のプロスポーツ団体が集まって情報共有するということはすごく良いことだと思っています。実際に2年前に参加させていただいた際には福岡ソフトバンクホークス株式会社の課長様にご講演いただき、その際にフードコートの売上がすごく重要だとお話を伺いました。その情報を直ぐに持って帰って「スサノオフードマルシェをスタートしよう」と決め、昨シーズンはお陰さまで3千万円近い売り上げを上げることができました 私たちの経営を改善するためにいちばん重要なのは、プロスポーツ事業に関する手法やノウハウに関する情報を貪欲に集めることであり、「これはいける」と思ったら迷わず実践することだと思います。経営者として、責任者として常にプロスポーツビジネスに強い関心を持ち、勉強し、自分自身の能力を伸ばしていくこと。経営者はこれができなければ組織は成長しません。一般的に「会社の大きさは経営者の器と同じ」と言われていますが、そのことを肝に命じて頑張らなければならないと思っています

 いよいよ2017-18シーズンも始まります 私たちのホーム開幕戦は10月7日、8日。あの田臥勇太選手率いる栃木ブレックス戦です これは盛り上がること間違いなしです
 7homegamekaitei
チケット情報は下記のリンクからよろしくお願いします!
https://www.susanoo-m.com/news/30556.html
 
共に戦いましょう GO!GO!MAGIC! 

 今シーズンから島根スサノオマジックはバスケットボール国内最高峰カテゴリーのB1で戦うことになります ご存知の方も多いと思いますが、ホーム開幕戦はあの田臥勇太選手率いる栃木ブレックスと松江市総合体育館で戦います!ぜひ多くの皆様にお越しいただきますよう、よろしくお願いいたします
7homegamekaitei
 開幕戦(栃木ブレックス戦)のチケット情報はこちら↓↓↓
https://www.bleague-ticket.jp/club/ss/
※お陰様ですでに指定席および1階自由席は完売いたしましたので、今は2階自由席のみ販売させていただいています。よろしくお願いいたします。

 また、10月21日、22日の琉球ゴールデンキングス戦、11月3日、4日のアルバルク東京戦もチケット販売していますので、あわせてお買い求めいただきますようよろしくお願いいたします!
琉球戦:https://www.susanoo-m.com/news/31123.html
アルバルク東京戦:https://www.susanoo-m.com/news/32250.html
 
 このように日本トップレベルの選手達がひしめくB1の各チームをホームにお迎えして戦うことになるため、島根スサノオマジックの注目度もイッキに上がっています こうした機会を捉えるため、今シーズンは試合前の演出にもかなり力を入れています

 今シーズンはプロジェクションマッピングを導入し、コート上に様々な映像を映して盛り上げようと考えています 実際には当日会場でのお楽しみということで、今日はほんのちょっとだけ写真をお見せしますね

 これはプロジェクションマッピングの映像の最初のものです。神話第八章のマークの龍ですね
マッピング(第八章の龍)
 そしてこれは選手達のプレー動画です コートの線と同じ大きさになっていますので、これがそのままコートに映し出されるところをイメージしてください
マッピング(小阪選手)
 そしてこれは選手入場の際の写真です。ここでオリジナル入場曲である「オーバーチュア」が流れるのですが、その際には皆さまが手首に装着しておられるであろう「スサノオスパーク!」が曲に合わせて点滅します
マッピング(佐藤選手)
スサノオスパーク
 これはかなり盛り上がるのではないかと期待しています

 実際にはホームアリーナである松江市総合体育館の天井にプロジェクターを設置したり、足場を作る工事を10月2日の週に行い、事前のテストを行って10月7日の開幕を迎えるわけですが、間に合うかどうか今からハラハラしています

 これが大成功すれば、ホームアリーナがまさに「異空間」になり、多くの皆様に喜んでいただけるのではないかと思っています。そして、今シーズンは初めて島根スサノオマジックの試合にお越しになる人が多くなると思いますので、その方々が「また来たい!」と思っていただけるようなアリーナ作りをしていきたいと考えています

 ホーム開幕戦は10月7日・8日 もうすぐです!頑張りますので、ぜひ会場で熱い応援をよろしくお願いします

 共に戦おう GO!GO!MAGIC!
 

 ちょうど自分の仕事で東京に出張していたので、少し足を伸ばして八潮市まで行ってきました

 その理由は、当クラブが2017-18シーズンにレンタルする予定の大型ビジョンの下見のためです B1の基準の中に、アリーナに大型ビジョンを設置するというものがあります(LEDでなくてもプロジェクターでもOK)。当クラブはギリギリまで吊り下げ式の四面ビジョンの導入を検討していましたが、見積もりを取ってみると全体工事を含めてざっと1億円という莫大な費用がかかることが分かり、今回は残念ながら断念しました

 しかし、大型ビジョンの設置は必須なので、LEDの大型ビジョンをレンタルし、期間中はホームアリーナである松江市総合体育館に常設することになりました。実際には下の写真よりもうひと回り大きいビジョンになりますので、遠くから見ても十分に迫力があるのではないかと思っています。
IMG_0979
 そして、企業CMを流したりもできます B1になると、TO前のデジタルサイネージは基本的に試合中ずっとリーグスポンサーの広告のみを流すことになり、今までのようにクラブのスポンサー様の広告やCM、試合中の演出(DEFENSE!の文字を出すこと等)ができなくなります。ただ、こうした大型ビジョンはその制限が全くありませんので、試合前やハーフタイム中にスポンサー様のCM等を流すことによって広告料収入を得ることができます。特におかげさまで今シーズンの冠スポンサー(ゲームスポンサー)営業はかなり好調なので、冠スポンサー様の広告はこの大型ビジョンで実施することが可能になりますね
IMG_0977
 なお、下のように得点やファールの数等も出すことができます これは「クリックエフェクト」を導入する予定なので表示が可能となるのですが、いろいろな動きの中で発注が開幕日に間に合わなかったので、しばらくこういった得点やファール数は画面では見ることができません。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください!
IMG_0976
 こういった演出用機材の導入により、試合会場が今まで以上に”島根スサノオマジックの夢のアリーナ”という印象になると期待しています。また、この大型ビジョンだけでなく、現在さらにプロジェクションマッピングを導入する計画で準備を進めています このように演出にも投資をしていくことで、お越しになるブースターの皆様により楽しんでいただければと思っています。

 島根スサノオマジックは今シーズンからB1に昇格し、全国のB1強豪チームと対戦することになります。勝負はチーム側の頑張りによるところがほとんどですが、私たちフロントも演出等で一生懸命頑張ることにより、ブースターの皆様に感動と興奮を提供し、「また来たい!」と感じていただけるようなアリーナ作りをしたいと思っています。

 頑張りますので、ぜひ今後ともご支援賜りますよう、よろしくお願いいたします。 

↑このページのトップヘ