5月13日、14日はホームでB2セミファイナルを開催させていただきます。そう、ホームプレーオフです

 昨年B.LEAGUEが開幕してからずっと「最短B1昇格」を目標にチーム、フロントが一丸となって頑張ってきました。そして、そのためには絶対に地区優勝し、ホームでプレーオフを開催しなければならないと思っていました。ホームでプレーオフができれば、B.LEAGUE内でも熱くて有名な島根ブースターの皆様に後押しをいただける。皆様の声援を力に変えて選手やHCは実力を出し切って、さらには実力以上の力を発揮して必ずや勝利を掴んでくれる。そう信じて今まで頑張ってきました B1という夢の扉はもう目の前です。ブースターの皆様、力を合わせて一緒に扉を開けましょう

 さて、チームにはチームの戦いがあるように、私たちフロントにもフロントの頑張りがあります。一昨年のB1・B2の振り分けで惜しくもB1に入れなかった理由は、財務的な基盤が他のライバルチームと比較して弱かったからです。他のB.LEAGUEのチームと比べて人口がいちばん少ない島根県で、大きな企業のバックアップも少ないという現実もありますが、でもそんなことは言い訳にならず、ただ球団トップとしての私の力量が足らなかったとすごく反省しています。

 どんなに夢を語っても、熱く郷土愛を訴えても、現実は厳しいもので財務的な力がなければプロスポーツチームは存続できません。これはバスケットボールに限ったことではなく、様々なプロスポーツで同じことが起きています。本当にチームのことが好きなら、本気でチームを愛しているなら、運営するクラブは財務力を持たなければならない。愛するものを守るために、強くならなければならない。私は島根スサノオマジックを率いる球団トップとして、その重い責任を感じながら日々活動しています。

 今回開催が決定しましたホームでのプレーオフは、そんな私たち球団にとって財務的な改善のために素晴らしい機会になっています 島根スサノオマジックでは、ホームでプレーオフを開催する場合、レギュラーシーズンのスポンサー契約とは別途契約を締結をさせていただいており、今回も下のようなパンフレットを持ってフロント全員が走っています
プレーオフスポンサーガイド1面
プレーオフスポンサーガイド2面

 お陰さまで冠スポンサー様(80万円。6社募集)は既に6社の枠が埋まって募集が終了しています Tシャツスポンサー様(20万円。15社募集)はご応募を多くいただき、21社様にスポンサーになっていただくことになりました Tシャツスポンサーも募集を終了させていただいています。

 その他、プラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズと様々なカテゴリーがありますが、こちらはまだまだ募集をしています ぜひご協力をよろしくお願いいたします。

 なお、今のところ全体では目標の1,660万円に対し1,400万円以上のスポンサーが確定(達成率87%)しています 昨シーズンもbjリーグとしてホームプレーオフを開催し、その時のスポンサー様が合計で800万円未満でしたので、今回はすでに倍のご協力をいただいていることになります。本当にありがとうございます

 あまりお金のことを書きすぎると、「島根の社長は金のことばっかり書いてる 金しか興味ないのか?」とご批判を受けることもあります。ただ、もともと私が3年前に社長になった経緯は、当時チームが最下位に転落して球団としても財務上たいへん厳しくなったため、それを救済するために株主の方々からご要望をいただいて、地元で企業経営をしている私に声がかかったということでした。そういう意味で、財務的な改善をするということが私の役割だと認識しています。ご批判は真摯に受け止めますが、でも愛するチームを守るためには球団は財務的にもっと強くならなければならないと信念を持って活動しています。

 今回のプレーオフスポンサー募集については、マッチデープログラムの印刷や看板制作の都合上、5月8日(月)を締め切りとさせていただいています。もし皆様の中で、「よし島根スサノオマジックのために自分も協力してあげよう」という方々がおられましたら、ぜひ私か弊クラブ事務所までご連絡ください。すぐに訪問させていただきます

 また、各スポンサー様にはそのカテゴリーに応じた枚数の2階自由席チケットをお渡ししています。プレーオフスポンサー様になっていただくメリットの一つとして、事前にご依頼をいただいた場合に限り、席を確保するようにしております(座席に限りがありますので、ご希望どおりにならないことがありますことをご了承ください)。当日は多くのご来場があり、2階自由席は立ち見になる可能性が非常に高いです。できるだけスポンサー様には早めに担当者にご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 スポンサーは法人でなければならないということは全くありません。個人の方々でも、例えばブロンズ(税別3万円。2階自由席10枚提供)にお申込みいただき、ご友人と一緒にチケットを分けていただいても構いません。その場合でも座席の確保はいたしますので(ご希望どおりにはならない可能性もありますが)、ぜひご検討ください

 残すところあと数日ですので、フロントとして全力で頑張っていきたいと思っています ここで頑張ることで財務的な基盤をより強いものにし、B1に上がっても勝てるチーム作りにするためのチーム強化費に充当したいと思っています。

 愛するチームのため、力を合わせて頑張りましょう
 GO!GO!MAGIC!
 

 昨日はくにびきメッセにて2016-17シーズンのブースター感謝祭を開催させていただきました GWの中にもかかわりませず、400名を超える多くのブースターの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。
2016-17ブースター感謝祭
 ブースター感謝祭では、トークショーがあったりサイン会があったり、30秒シュートチャレンジゲームがあったりと大変盛りだくさんでした また、スサノオフードマルシェでは各店舗に選手が”一日店長”として参加し、ブースターの皆さまからオーダーを取って料理を準備したり、普段では見ることができないシーンもたくさんありましたね
トークショー
サイン会(ブースター感謝祭)
一日店長
 私たちも試合会場以外で皆さまにお会いする機会は滅多にないので、とても穏やかな感じで楽しい時間を過ごさせていただきました 普段はクラブ一丸となって一生懸命戦ったり、私たちフロントは営業活動をしたり今後の戦略を練ったりしているわけですが、こうしてブースター感謝祭でブースターの皆さまと楽しく話をさせていただくと「私たちの帰る場所はここなんだな。ブースターの皆さまに暖かく迎えてもらえて、ここが自分たちの居場所なんだ。」と感じ、とても嬉しい気持ちになります このあたたかさが島根の良さだと感じます

 昨年も今回と同じく5月3日にブースター感謝祭を開催させていただきました。ただ、その2日前にはホームプレーオフで敗退しすごく悔しい気持ちでいっぱいだったため、まだ自分の気持ちの整理ができていない中でのブースター感謝祭でした。でも今回は違います。無事にホームのブースターの皆さまの目の前で西地区優勝を決め、5月13日、14日にはホームプレーオフ。これに勝てば悲願のB1昇格が決まります

 このような期待感が溢れるブースター感謝祭は、私にとっては初めての経験でした。まだ今週末にはレギュラーシーズン最終戦もあり、気を抜くことはできませんが、5月13日、14日のホームプレーオフに向けて一生懸命努力を重ね、万全の準備で挑んで必ず勝利したいと思います。ぜひ当日は熱い応援をよろしくお願いいたします 皆さまに書いていただいた寄せ書きにパワーをいただき、一生懸命頑張ります
寄せ書き(ブースター感謝祭)
 皆さま、お忙しい中ブースター感謝祭にお越しいただき、誠にありがとうございました 次はホームプレーオフでまたお会いしましょう

 4月13日に下記のリリースを出させていただきました。いよいよ寒竹選手がコートに帰って来ます
https://www.susanoo-m.com/news/22961.html
寒竹選手について
 今までもシュート練習等は行なっていましたが、まだ対人練習は行なっていませんでした。先日の熊本戦の後の定期診断でOKが出てたため、12日からいよいよ対人練習も行うことになりました

 何よりも、寒竹隼人というプレイヤーとしても人間としても素晴らしい選手がまたコートでプレイできるということが本当に嬉しいです。彼の治療やリハビリに当たられた先生や担当の皆様、また関係各位に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました

 プレシーズンゲームで起こった怪我の瞬間を私も間近で見ていて、すごくショックを受けました。こんな素晴らしい選手が選手生命にも関わる大怪我をしてしまい、「島根に来てもらったことがいけなかったのか?寒竹選手に申し訳ない。。」とずっと思ってきました。そしてその後のリハビリ、チームに合流してから一生懸命ベンチでチームメイトを励ますキャプテンの姿を見て、彼のために何としても復帰させてあげたいとずっとずっと願っていました。

 ただ、無理をしてまた膝を痛めたりしてほしくないので、試合会場等で出会う時はいつも「無理しなくていいよ。」と言っていたのですが、寒竹選手はその度に「病院でいつも診てもらっているので大丈夫です!それに、ここで復帰しないと島根に来た意味がないですので、絶対に復帰したいんです」と言ってくれていました(涙)。

 そして、ついにこの日が来ました まだ実際にどの試合から出場するかは決まっていません。彼の調子だけでなく、試合の流れもあったりするので、そのベストな瞬間をマイケルHCが判断してくれると思います。今まで苦労を共有して来たチームメイトも、彼の復帰で更に気合が入るはずです。西地区での戦いに戻って苦戦を強いられていますが、寒竹キャプテンの復帰がその雰囲気を吹き飛ばしてくれるのでないかと思っています

 これですべての準備が整いました。後はB1昇格に向けて全力で勝ち上がるだけです そのためには、ブースターの皆様の熱い声援が絶対に必要です。チームも11名全員がついに揃いましたので、チーム一丸、そしてブースターの皆様と共に島根一丸となって全力で戦いましょう

 共に戦い、共にB1昇格を決めましょう
 GO!MAGIC! 

 先日のアウェイVS東京エクセレンス戦終了後に、地区優勝のマジック16、そしてプレイオフ進出マジック15が点灯しました
マジック16
 3月2日にマジックが表示されるようになり、その時点で島根スサノオマジックはプレイオフマジックが18でした。今回の試合で島根が勝ち、2位、3位のチームが負けたため一気にマジックが減ったということですね 昨シーズンまでは「マジック」というものは無かったのですごく新鮮な印象もあり、またマジックが少しずつでも減っていくのはすごく盛り上がるので、こういうシステムになってとても良かったと思っています B.LEAGUEに感謝したいです

 「島根スサノオマジックのマジックが15になりました」というと、「マジックのマジックって?」となってしまうかもしれませんが そういえば、昨シーズンのプレイオフ用Tシャツはこれでした まさに1年越しの「MAGIC'S MAGIC UNSTOPPABLE」ですね。
MAGIC'S MAGICTシャツ
 先日のアウェイ東京エクセレンス戦は、最終Qまで一進一退の攻防を繰り返し、すごく盛り上がる試合でした。東京エクセレンスさんはすごく強かったですね 両日ともなんとか接戦を勝ち切ることができ、島根からお越しのブースター様、また関東在住でふるさと島根のチームを応援するためにお越しいただいた皆様に勝利をお届けできたことは本当に良かったです。
 FullSizeRender 4FullSizeRender 3
FullSizeRender 5
FullSizeRender
 次節は今週末の3月11日、12日に松江市総合体育館で開催されますホームVS信州ブレイブウォリアーズ戦です
 信州戦
 今回で東地区・中地区のチームと戦う24試合の交流戦は終了となります。島根は今まで22戦21勝1敗と、交流戦は圧倒的な強さで突き進んでおり、次節の信州戦も何としても勝利を掴みたいと思っています そして勝つことでマジックが減り、西地区優勝およびプレイオフホーム開催が近づいてきます そのためにもぜひ会場で熱い応援をしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

 力を合わせて共に戦いましょう
 GO!GO!MAGIC! 

 昨日、一昨日と久しぶりのホームVSバンビシャス奈良戦に多数のブースターの皆様にお越しいただき、誠にありがとうございました お陰さまで今節も連勝することができました。

 特に今回はBリーグ(B1、B2)の連勝記録を塗り替えることができましたので、朝刊になんて書いてあるか楽しみにしていました。そうしたところ、久しぶりに山陰中央新報朝刊の一面を飾ることができました 本当にありがとうございます
IMG_5944ブログ
記事20170227(一面)ブログ
 こうやって記事を書いていただくと、島根スサノオマジックに日頃興味がない人でも「最近すごく強いみたいだね」と関心を持っていただけますし、「すごいね!一度見に行ってみたいな!」と言っていただけることが増えてきます。こうやって勝つことは、いちばんの宣伝効果になるなと感じています

 こちらはスポーツ欄の記事です
記事20170227(13面)ブログ
 一方で、「首位快走も集客苦戦」という見出しの記事も出ました。これは先日から数回にわたって取材を受け、現状の問題点や将来B1に上がった時の課題等について答えた内容です。

 来場者数については、実質的には昨年度比9%減という状況です。減少理由について詳細は把握していませんが、昨シーズンは10月に琉球ゴールデンキングス戦で二千数百人の来場があったり、年内はずっと旧松江市総合体育館で試合を開催したという事情があったことも大きな理由ではないかと感じています。
 
 実際のところ、今シーズンで1月29日までに松江市総体で開催した試合の平均来場者数は1,558人(回数は8回)。これに対し、昨シーズンの同じ時期に松江市総体で開催した試合の平均は1,456人(14回)であり、今年の方が1試合あたり100人程度増加しています。このように、松江市総体で開催する試合回数によって大きく来場者数が変化するということも原因の一つなのではないかと感じています 

 また、今までの傾向では例年1月以降に来場者数が伸びているということもあり、且つ今シーズンは1月以降の松江市総体での開催回数が10回(昨年のレギュラーシーズンでは2回)予定されているため、これから順調に伸びてくるのではないかと感じています(そうあっていただきたいと祈っています)。

 このように、昨シーズンと今年を単純比較はできないですね。ただ、それでもB1に上がった時にこの集客数では非常に厳しいというのは事実です。当クラブが来シーズンにB1に昇格した場合、掲げている目標は毎試合平均2,500人。これは絶対に達成させたいと思っています。

 そして、今シーズンは1,833人目標です この数字はかなり厳しいですが、まだ諦めずに進んでいかなければなりません。まずはブースターの皆様のお力も借りながら4月1日、2日の満員プロジェクトを成功させ、また連勝を伸ばして地域を盛り上げ、来場者数目標も達成させたいと考えています。

 これからも頑張りますのでぜひご支援賜りますよう、よろしくお願いいたします 
 共に戦いましょう

↑このページのトップヘ