昨日から東京に来ています。昨日はbjリーグの幹事会、そして本日はbjリーグの代表者会議に出席するために上京しています

 代表者会議は前回の6月に続いて2回目の参加となります。このような会議に参加させていただきながら、bjリーグ全体の方向性や今後の課題等について徐々に学んでいきたいと考えています

 リーグ全体として今最も注目されるトピックは、やはりbjリーグとNBLとの統合についてだと思います。FIBAの締め切りである10月末までに回答できるよう、かなり頻繁に会合を開いて議論をしているとの報告を受けました 自社のチームの仕事もありながらもリーグや日本のバスケットボール界のために会議にご参加され、統合のためにどうしていくかを議論されていることに心より敬意を表します。ありがとうございます
代表者会議のネームプレート
 bjリーグは昨シーズンが21チームで、今シーズンから福島ファイヤーボンズさんが参入されて22チーム(EAST12チーム、WEST10チーム)となります。また、来シーズンも「自分の町に地域密着型のプロのバスケットボールチームを作りたい」という熱い思いを持った方々が参入して来られると思います。そういう意味で、地域に根ざした活動を行うプロバスケットボールチームという価値は地域に認めていただけているのだと思いますし、だからこそもっともっと頑張っていかなければならないと感じています。

 会議の後は懇親会が開催されました 私も参加させていただき、この業界の先輩諸兄からいろいろお話を聞かせていただき、すごく勉強になりました 自分一人だと内にこもって悩んでしまうことでも、同じbjリーグの各社社長の方々に相談させていただくことで「あっそういうことなんだな」と感じることが多くあります。試合では当然ライバルでありますし、勝つためにお互い切磋琢磨しているわけですが、経営者としては同じ業界(同じリーグ)なので、悩みは共通しているんですよね。そういう意味でいろいろご教授いただいています
浜松町から新橋へ
 懇親会会場の浜松町からホテルまで歩いて帰りながら、今日の会議や懇親会で勉強したことをいろいろ考えました。私ももっともっと頑張っていかなければならないと思っています 頑張ります