今日は朝10時からスサノオカフェさんの場所をお借りして、今シーズンの外国人選手のお披露目記者会見を行いました お忙しい中、多くのメディアの方々にお越しいただき、誠にありがとうございました。

 今シーズンは外国人選手との契約も順調に行われ(最終的にはリーグの定めるメディカルチェックが終わらないと正式契約にはなりませんが)、 各人も8月22日〜23日に来日しました そして、多少“時差ぼけ”もある中で8月25日から全体練習に参加し、約1週間が経過しています。
記者会見(外国人選手お披露目)
 会見でハンソンHCは「Chemistry」という言葉と、「Team Character」という言葉を何回か使っていました Chemistryは化学反応という意味ですね。それぞれが高い能力を持ち、個性もあるメンバーです。そのメンバーが日本人選手に合流することで、1+1=2ではなく、化学反応によってそれが3にも4にもなるような、そんなチームになってほしいと思っています

 「Team Character」というと、チームに貢献する性格を持っていること、ということかなと思います。同じ文脈で、Unselfish(利己的でない)という言葉が使われていたので、個人プレーではなくチームプレーやチームワークを大切にする性格(Character)という意味で使っているのだと思いますね

 また、記者さんから「外国人選手全員が入れ替わったが。」という質問がありました。ハンソンHCは、バスケットボールに限らず他のスポーツでも同じですが、新しい監督の考え方や目指すプレイに合った選手を選ぶことが大切だ、と説明していました。

 外国人選手が全員入れ替わったことで寂しさを感じられるブースターさんもおられると思います。私も今シーズンに入るまではブースターとして会場で応援していた側なのでそのお気持ちはよく分かります。ただ私自身は、昨シーズン本当に厳しい中で途中交代して監督になっていただいたハンソンHCがやりたいバスケットボールがどんなものか見てみたいと思いますし、そのための環境を整えるのが会社の役目だと考えています。ぜひ新生スサノオマジックのバスケットボールをご期待いただきたいと思っています

 本日はお忙しい中、多くのメディアの方々に記者会見にご参加いただき誠にありがとうございました。これからも一生懸命頑張ってまいりますので、ぜひ今後ともご支援賜りますようよろしくお願いいたします