本日10月4日はターキッシュ・エアラインbjリーグ2014-2015シーズンの開幕です 島根スサノオマジックは12名の選手のうち9名は新たに加わった選手となり、ほとんど新しいチームとしてシーズンを戦い抜かなければなりません。これから4月終わりのレギュラーシーズン終了、そしてその後のプレイオフ進出も必ず果たし、5月半ばまで頑張りたいと思います

 今シーズン初戦は、プレシーズンで戦った滋賀レイクスターズさんと滋賀県草津市にある市立総合体育館にて開催されました 
Hard work and Teamwork
 プレシーズンを通じての課題が第一クオーターでしたが、開幕戦の今日も第一クオーターは厳しかったです 第一QT終わって、島根12点、滋賀25点と13点差が開きました。最後までこの差が効いてしまった試合となりました。

 試合には残念ながら91対78と負けてしまいましたが、当チームとしての見所もたくさんありました ご心配をおかけしておりました新外国人選手については、ビンゴ選手、ブラウン選手とも選手登録が間に合い、今日は二人とも一生懸命頑張ってくれました ブラウン選手は高い身体能力を活かしたダンク、ビンゴ選手は3ポイントを決めてくれました 

 日本人選手では、山本選手と安部選手が同じコートに立ってプレイをしました スサノオマジックファンの皆さんにとっては待ちに待った瞬間だったのではないでしょうか? 第3クオーターには高田選手がバスケットカウントを取りフリースローも決め、とても盛り上がりました 
エドとアベジ
高田フリースロー
 更に、個人的には高田選手や外国人選手がインサイドプレイで良いシュートをいくつか打ってくれたので、それも嬉しかったです。外のシュートは入る時も外れるときもありますが、外れるときはインサイドで入れてくれる選手がいると安定しますね

 試合は島根78点、滋賀91点と13点差で負けてしまいました。ここから必要な修正を行い、シーズンをとおして改善をしていかなければなりません。
最終スコア
4

 下の写真は、AWAYベンチ後ろの1階自由席前に貼ってあった滋賀レイクスターズさんからの心温まる言葉です ありがたいですね こういうことも含め、できるだけ他のフロントスタッフにもAWAY戦に行ってもらって吸収してもらいたいと感じています。ただ、選手に帯同するチームスタッフ以外はAWAY戦の参加は会社として費用は支払っていないので、「休日にプライベートで観に来る」という感じですが(予算的に厳しい折なので、フロントの皆さんにはご理解いただいています)。
コメント
 今日はAWAY滋賀までお越しいただいたスサノオブースターの皆様、bjtvを通じて応援いただいた皆様、そして関係各位の皆様に心より御礼申し上げます 明日も頑張ります