昨日の夜19時からくにびきメッセにおきまして「ブースターミーティング2016」を開催させていただきました 金曜日の夜にもかかわらず、50名を超すブースターの皆様にお越しいただき誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。
最初の挨拶
 当クラブがブースターミーティングを開催させていただいたのは昨年に続いて2回目となります。今回の内容は、
1)2015-2016シーズンの振り返り
2)B1昇格に向けての課題とアクションプラン
3)事前に頂いた質問に対する回答
4)意見交換
でした。最後は時間が足らなくなってしまい申し訳ありませんでした

 下の写真は今回の説明資料の1つで、過去6年間の観客動員数推移表です。このように、2015-2016シーズン(神話第七章)はプレーオフも含めると47,103人ご来場いただきましたので、過去6年間では3番目に多い来場者数になりました。
観客動員数推移
ブースターミーティング
 また、平成28年6月期の売り上げ目標と実績についても説明しました。決算はまだ閉まっていないので経費や利益についての詳細は出せませんでしたが、売り上げについては数字が固まっているのでオープンにさせていただきました。そして、現状の財務的な課題や、具体的にどのようにしてその財務的課題を克服しなければならないかということを率直に話させていただきました。

 「B1昇格に向けての課題とアクションプラン」についてもかなり具体的な内容の説明となりました。今回のブースターミーティングでは、このように数字に関することをできるだけ説明するよう心がけました

 昨日のツイートでも書かせていただいたのですが、私はできるだけ情報をブースターの皆様と共有し、ブースターの皆様になんとなく”他人事”ということではなく、地域の皆様全員が当事者意識を持って「力を合わせておらが町のプロバスケットボールチームを支えていこう」と思っていただけるようにしたいと思っています。それは私自身の体験から、そうしたほうがいいと感じているからです。

 というのも、2年前の5月に縁あって島根スサノオマジックの社長に就任する前は、私自身かなり熱心なブースターとして、そしてスポンサーの1社として熱く応援していました。しかし神話第参章でジェリコ監督がチームを去り、その後の第四章で最下位に沈んだ時にはすごく悲しくて、「運営サイドは何をやってるんだ」という強い不満を持っていましたし、いろんなところで運営側に対する不満をぶちまけていました。

 第四章はチーム側としてもクラブ側としても本当に厳しい状況だったということも理由にあったのかもしれませんが、クラブ側からの公式な情報はほとんど得られず、多くのブースターは悶々とした気持ちだったと思います。「大好きなチームがこれからどうなってしまうのか?」、「あんなに輝いていたチームがなぜ1年でこんなになってしまったのか?」、「その責任は誰にあるのか?」。私もブースターとしてそういうことばかり考え、限られた一部のクラブ職員から聞かされる様々なネガティブな情報を鵜呑みにし、それが本当だと思い込んでさらに不信感が増していきました。

 そんな中で大株主の方々から「球団経営を任せたい。」と言っていただき、2014年5月13日に社長に就任させていただきました。入社して内情を把握していくと、事前に聞いていたいろんな噂はあくまでも噂で、ほとんどは本当ではなかったということが分かってビックリしました。クラブ職員は苦しい中でも一生懸命頑張っていて、ひとり一人社長面談をさせていただいた時に私自身のそれまでの(ブースターの時にいろんな不満をぶちまけていたので)非礼を謝罪しました。そして、バスケットボールを、島根スサノオマジックをこよなく愛しているこのメンバーと力を合わせてもう一度強いチームを作り、地域の方々の誇りになれるようなチームにしようと決意しました。
 
 私の経験談がちょっと長くなってしまいましたが、私が思っていることは「正しい情報が入らなければ現状に対する不安や不満しか出ない。しかしもともとチームのことを愛していただいているブースターの皆様なので、誠意を持って今の状況を説明し、情報を共有すれば、それがたとえ厳しいことであっても理解していただけ、共に頑張ろうと思っていただける。」ということです そのために今回のブースターミーティングもそうですし、またはブログとかツイッターとか、いろんな機会を使ってできるだけお伝えしたいと考えています。

 ただ、何を伝えるか、どう伝えるかについてはいろいろ考えながらやっています。というのも、直接話せば分かっていただけることでも、間接的に伝われば誤解を生むことがよくあるからです。ブースターの皆様だけであれば「あれは噂ですよ。」と言えば済むのですが、悪意のある悪い情報がもし選手たちに伝わると、今のように編成の時期によくない影響が発生する可能性が出てきます(”あのクラブは安定していないから行きたくない”とか)。その結果としてチーム編成が失敗してしまい、思ったようなチーム作りができなくなるということがあってはならないので、気をつけていかなければならないと考えています。ぜひそのあたりはブースターの皆様にもご理解いただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。今回の編成で言いますと、「B2から最短で昇格する可能性が高いのでぜひ島根に行きたい。」「経営的に安定しているので島根に行きたい。」と言ってくれている選手もけっこういると末松GMから聞いており、経営者としてはとても嬉しいなと思っています

 いろいろ書きましたが、今回は第2回のブースターミーティングに多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました ブースターの皆様に”他人事”ではなく自分のこととして力を合わせて一緒に頑張っていただけるよう、クラブ側としてこれからも情報共有に努めて参ります。今後ともよろしくお願いいたします