カテゴリ: bjリーグ

 一昨日、昨日と新潟県上越市におきましてAWAY対新潟アルビレックスBB戦が開催され、ご案内のとおり1勝1敗という結果になりました 森山HC代行になってからの初勝利、本当に嬉しかったです。

 今回の新潟戦のタイミングに合わせ、私が理事長を務めます(一社)島根スサノオマジックの活動のひとつとして「先進地視察」を新潟で実施、この分野の第一人者であります新潟アルビレックスグループ様の様々な取り組みについて勉強させていただきました。新潟アルビレックスBB小菅社長様、bjリーグ中野社長様には心より御礼申し上げます ありがとうございました。

 小菅社長様からは会場の設営について、非常に特徴のある「後援会」組織について、そしてグループ全体についていろいろ質問をさせていただき、それぞれ詳しく教えていただきました。特に後援会を新潟県の全市町村で組織しているというのは驚きでした また、ワンデースポンサーもすごく良い考えだと思いましたし、写真のように試合前のエキシビションでもスポンサーをつけるというのも斬新だと感じました。
ミニバスの写真
 また、会場設営でもすごく刺激を受けました。それぞれ写真を撮って当社のグループウェアにアップし、社内で情報の共有を行っています。大切なのは、ただ報告して終わりということでなく、当社として具体的に何ができるかを検討し、実際に行動を起こすことです。頑張ります

 また、日曜日にはbjリーグの中野社長に長岡市までお送りいただき、アオーレ長岡やその他の施設を見学しました。アオーレ長岡は本当に素晴らしい施設ですね。

 今回の視察は本当に勉強になりました。bjリーグの良さは、チーム対チームは真剣勝負で戦っているのですが、企業運営という点では同じリーグの仲間なのでいろいろ情報を交換したりアドバイスもかなりオープンに教えてくれたりするところですね 私たちはアウェイに積極的に行くことでいろいろ刺激を受け、また3ヶ月に1回開催される代表者会議で各社社長様と話し合い、企業運営に関するヒントもいっぱい持って帰ることができます。

 ざっくり言いますと、当社の年間コストは2億円をちょっと超えています。その半分以上は選手・HC・チームスタッフ(通訳、マネージャー、GM等)の経費ですね。それ以外で高いのはアウェイ遠征費、ホーム開催の会場費用(音響や各種設備代も含みます)です。そして残りはフロントスタッフの人件費。当社は給料を払っているフロントスタッフは役員1名と事務系数名ですので、この間接人員の部分はカツカツです。

 そうすると、コスト削減の意識ははどうしても選手・HC・チームスタッフに向けられるわけですが、あまりそこで下げようものならチームの成績にすぐに影響を及ぼしてしまう(当チームはリーグの中でも上位クラスの予算です)。

 そうなれば、やはり今回の視察で勉強させていただいたように、バスケットボールの興行を中心としながらも、それに派生する様々な活動を行うことによって地域に喜んでいただき、収益性を高めることで安定的で永続的に活動できる組織にしていかなければならないということだと感じています。この点は一般的な企業経営の課題と同じですね。

 いろいろ勉強しながらも、着実に前に向かっていき、地域に愛される島根スサノオマジックをより輝く存在にできるよう頑張ってまいります 今回は本当に素晴らしい視察になりました。関係者の皆様に心より御礼申し上げます
 

 一昨日は東京でbjリーグの幹事会に参加しました(チーム会社22社のうち、西地区から3名、東地区から3名が選出されて幹事となります。当チームは西地区に所属しており、浜松・東三河フェニックスの浜武社長様、高松ファイブアローズの星島社長様と一緒に参加させていただいています)。その際にも両リーグの統合についてはいろいろ情報をいただき、また議論をさせていたいただきました。

 日本のバスケットボール界の将来のため、バスケットボールを愛する現役選手、そして子供たちの未来の夢のためにも、FIBAから指摘を受けている3つの課題について、JBAを中心として私たちも一緒になって解決していかなければならないと強く感じています。

 報道では「NBL、bjリーグの統一が成されなければFIBAの制裁を受けて日本人選手は国際試合に出場できなくなるのでは?」と指摘されていますし、統合のための障害があたかもNBLチームの名称(企業名をつけない、地域名のみをつける等)のみというような報道も散見されます。

 しかし、実際のところFIBAの勧告は1)JBAのガバナンスを構築すること、2)選手の強化、そして3)統一プロリーグの創設という3つの内容になっているようです つまり、統一プロリーグの創設が成されても、実際にはもっと時間のかかるであろう1)〜2)が改善されなければ制裁を受けることになるのではないかと言われています。

 そういった状況もあり、bjリーグの河内コミッショナーから上記3つの項目についてbjリーグとしても積極的に協力し、課題を解決していきたいという決意を表明するリリースが出されました 以下、転記いたします。

報道等でご存知の通り、国際バスケットボール連盟(以下、FIBA)より日本バスケットボール協会(以下、JBA)に対して、様々な問題に関して改善の指摘を受けており、日本のバスケットボール界は大変な局面を迎えております。

ターキッシュ エアラインズ bjリーグのスタンスに関しましては、問い合わせも多くいただいております。ターキッシュ エアラインズ bjリーグは、以下の通り、バスケットボール界の発展に協力してまいります。

・JBAのガバナンス構築に協力します。
・競技力強化に尽力します。
・統一プロリーグの創設に向かって協議を進めます。

バスケットボール界の発展の為にターキッシュ エアラインズ bjリーグは最大限の協力を惜しみません。

bjリーグコミッショナー 河内敏光 』

河内コミッショナーコメント(ブログ用)
 私たちチームもこの3つの課題を真剣に考え、できることを一歩ずつ前に進めていきたいと考えています。

 昨日から東京に来ています。昨日はbjリーグの幹事会、そして本日はbjリーグの代表者会議に出席するために上京しています

 代表者会議は前回の6月に続いて2回目の参加となります。このような会議に参加させていただきながら、bjリーグ全体の方向性や今後の課題等について徐々に学んでいきたいと考えています

 リーグ全体として今最も注目されるトピックは、やはりbjリーグとNBLとの統合についてだと思います。FIBAの締め切りである10月末までに回答できるよう、かなり頻繁に会合を開いて議論をしているとの報告を受けました 自社のチームの仕事もありながらもリーグや日本のバスケットボール界のために会議にご参加され、統合のためにどうしていくかを議論されていることに心より敬意を表します。ありがとうございます
代表者会議のネームプレート
 bjリーグは昨シーズンが21チームで、今シーズンから福島ファイヤーボンズさんが参入されて22チーム(EAST12チーム、WEST10チーム)となります。また、来シーズンも「自分の町に地域密着型のプロのバスケットボールチームを作りたい」という熱い思いを持った方々が参入して来られると思います。そういう意味で、地域に根ざした活動を行うプロバスケットボールチームという価値は地域に認めていただけているのだと思いますし、だからこそもっともっと頑張っていかなければならないと感じています。

 会議の後は懇親会が開催されました 私も参加させていただき、この業界の先輩諸兄からいろいろお話を聞かせていただき、すごく勉強になりました 自分一人だと内にこもって悩んでしまうことでも、同じbjリーグの各社社長の方々に相談させていただくことで「あっそういうことなんだな」と感じることが多くあります。試合では当然ライバルでありますし、勝つためにお互い切磋琢磨しているわけですが、経営者としては同じ業界(同じリーグ)なので、悩みは共通しているんですよね。そういう意味でいろいろご教授いただいています
浜松町から新橋へ
 懇親会会場の浜松町からホテルまで歩いて帰りながら、今日の会議や懇親会で勉強したことをいろいろ考えました。私ももっともっと頑張っていかなければならないと思っています 頑張ります 

 昨日は弊社の門脇GM、丸川アシスタントGMと一緒に、東京でbjリーグ主催のトライアウトに参加しました 昨日のトライアウトは約80名という多くの選手が参加しており、とても熱気あふれるものになりました

 私たちとしても、当チームから2名トライアウトに参加していましたし、また明日のドラフトでは順位が3番目ということもあり、指名するかどうかも含めていろいろ考えなければならないため真剣に見させていただきました。といってもここは役割分担があり、選手を見るのは門脇GM、丸川AGMであり、他の球団といろいろ情報交換するのが私というような役割となりました
トライアウト
 そして、今日のドラフト会議。私は初めてだったので緊張していましたが、門脇GMも一緒に参加してくれたのでいろいろ聞きながら進めていきました。ただ、前日のうちにアメリカにいるハンソンHCと門脇GMの方で連絡を取り合い、今回は指名をしないということが決まっていたため、少し落ち着いた気持ちで参加できたかなと思います

 なお、今回のドラフト会議で指名を受けた選手は合計6名でした。詳しくはbjリーグのブログをご確認ください。

 今後、ドラフト会議で指名されなかった選手たちはどうなるか?各チームと直接交渉して契約に至る場合もあると思いますし、今後各チームで開催される「チームトライアウト」に参加し、そこで選ばれるということもあると思います また、選手としては契約されなくても、練習生としてチームに入る場合もありますね。

 当社としてもチームトライアウトを開催しますので(今のところ8月初旬にしようと考えていますが、詳細はまだ決まっていません)、そこで「島根スサノオマジックに入りたい」 という熱いハートを持った選手に出会いたいなと思っています

 今回は初めての経験で、とても勉強になりました

 昨日から東京に来ています。昨日、今日とbjリーグのカンファレンスファイナル、そしてファイナルが有明コロシアムで開催されているので、私もbjリーグのファイナルの雰囲気を感じるために上京しました
有明コロシアム
秋田対富山
 昨日も今日も会場内はすごい熱気でした 各チームとも地元から数千人規模で応援に来ているとのこと。バス何十台なんでしょうか?すごいですね

 この会場で試合を見ながら、「この会場をスサマジブルーに染めたい」と強く思いました

 スサノオマジックの社長に就任して約10日が経ちました。本当にあっという間の10日間でした

 スーツの胸にはスサノオマジックのバッチを付けています。このバッチを見ながら、「昨年”有明に行こう”と言っていたけど、こんなかたちで実現するとは思わなかった。」としみじみ感じました。
スサノオマジックの社章
 このバッチは、私にとっては本当に重い重いバッチです バッチの重みをしっかり自覚し、その責任を果たしていきたいと思います 頑張りますね

↑このページのトップヘ