カテゴリ: 広報活動・PR

 島根スサノオマジックでは、今シーズンの第2節〜第3節につきまして松江市内の小学生を対象にした無料招待チラシを配布させていただきました そして、今週からは第4節〜第6節分を「年末怒涛のHOME3連戦!」と題して、エリアも拡大して松江市、安来市、出雲市、雲南市の小学生を対象にした無料招待チラシを配布いたしました。対象エリアで小学生のお子さんがおられる家庭の皆さま、ぜひご利用いただきますようよろしくお願いいたします
招待チラシ3節ー5節

 この無料招待チラシを配布するに至ったきっかけは、私が受講してすごく感銘を受けた「島田塾」です。千葉ジェッツの社長で、現在はB.LEAGUEの副チェアマンの島田さんが千葉ジェッツをV字回復させた手法を他のクラブの社長にも惜しみなく教えていただけるというすごい勉強会でした その内容は10月1日のNHKサンデースポーツでも取り上げられていましたので、ご覧になった方々も多いと思います。
島田社長1
島田社長2
  島田塾を受講して、私が「よし島根でも招待チラシをやってみよう」と決断したのは、大きく2つの理由からです。

 一つは当然ながら集客です。2016-17シーズンの島根スサノオマジックは平均観客動員数が1,501名でした。今シーズンはB1に昇格したこともあり、目標値を2,500人に定めているため大幅な集客が必要となっています。なお、島田塾で教えていただいた招待チラシにはスポンサーの名前が入っており、実際にはスポンサーにご購入いただいたチケットを無料で配るという方法でした。つまり、クラブとしてはタダで配るということではなく、お金はちゃんといただきながらさらに学校にチラシを配布することで集客効果を高めるという一石二鳥の手法だったのです。

 そういったこともあり、島根でもスポンサーを取って(私が経営するアースサポート株式会社がスポンサーにならせていただきました)、チケット代はスポンサーからいただいた上で対象の小学校にチラシを配布しています。他のスポンサーさんを取ってもよかったのですが、決断から実行までスピードが早かったので、まずは試験的に自分の会社でやってみようと考えて実施してみました このチラシで弊社(アースサポート)の知名度や好感度がアップすれば、スポンサー価値の向上という意味ですごくいい効果になるので、その実績が出たら次のシーズンは他のスポンサーにも売り込みをしたいと考えています そういう意味では、クラブの社長や経営層が自分の会社を持っていて臨機応変に対応できるというのはアドバンテージの一つだと感じますね

 実績としては、チラシ効果はすごくあります VSアルバルク東京戦では、事前締め切りの段階で11月3日が小学生209名、11月4日は小学生139名となっており、それに加えて当日会場でお申し込みいただける方々がおられれば人数はもっと増えます 今回のチラシ配布(松江市内のみ対象)が15,000枚でしたので、返答率は約1%となります。リーグで話をしても1%はかなり高い割合ということだったので、ありがたいことに島根スサノオマジックに対する地元の関心の高さを感じる結果になりました ただ、招待チケットの枠としては250名分ありますので、第4節からは雲南市、出雲市、安来市をエリアに加え、トータルで25,000枚の配布を行なっています。松江市内よりは遠方になりますので返答率は1%以下になるかなと思っていますが、それでもできるだけ多くの方々に島根スサノオマジックのホーム戦を見ていただきたいと願っています

 さらに、この招待チケットは小学生が対象になりますので、安全面を考慮して必ず保護者様に同伴いただくようにしています。そのため、今回も有料チケットをご購入いただける保護者の方々が3日で153名、4日は102名となっており、プラスの相乗効果が出ています

 今回招待チケットを実施しようと決断した理由の2つ目は、前回のブログにも書きましたが、小学生の子供たちにワクワクするような経験をしてもらい、それが大人になった時に「家族で行った島根スサノオマジックの観戦はすごく面白かった」という懐かしい思い出になってもらいたいという考えからです。このような思い出は郷土愛を育む上でとても大切なことだと思うのです。

 そういったワクワク感や非日常感を出すために、今シーズンはプロジェクションマッピングを実施したり、各種イベントにも力を入れています
 
 この前のハロウィーンも楽しんでいただけたのではないかと感じています
アクアハロウィーンバージョン
 私たち島根スサノオマジックは県内唯一のプロスポーツチームとして、地域に夢や希望や活力を提供できる存在だと確信しています。そして、それは一人でも多くの方々に会場に足を運んでいただいたり、スポナビライブ等で試合を見ていただいたり、イベントにご参加いただいたりすることで達成できることだと思います。そのためには、私たちが島田塾はじめ多くの機会でしっかり勉強し、そこで得た知識を頭の中だけで留めるのではなく「そうだこの取り組みをうちでもやってみよう」と積極果敢に実施し、成果を上げ続けていく必要があります。私たちクラブにはそうする責任があると感じていますし、島根スサノオマジックを愛していただいている多くのブースターの皆様の熱い支えがあれば必ずできると思っています

 これからも愛する郷土のために一生懸命頑張りますので、ぜひご支援賜りますようよろしくお願いいたします 島根スサノオマジックを通じて共に愛する郷土を盛り上げましょう

 昨日は雲南法人会様で講演をさせていただきました。竹下会長様はじめとされます雲南法人会様、誠にありがとうございました

 今回はアースサポート株式会社の社長としてご依頼を頂いたのですが、「ぜひ島根スサノオマジックの話をしてほしい」と言っていただきましたので、遠慮なく1時間ほど熱く話させていただきました お題は雲南法人会様から「仮称で『島根スサノオマジックの苦難と躍進』としておきますね。」と言っていただいていたので、そのままの題名にあった内容をお話ししました
雲南法人会様1
雲南法人会様2
 私たち島根スサノオマジックにとって、このような機会はとても重要だと考えています。こうした機会にクラブの現状や私たちの思いである『島根スサノオマジックを通じて地域に活力を、子供たちに夢を提供したい』ということを熱く伝えることで、私たちの思いに賛同いただき、サポートいただける方々を増やしていきたいと思っています。

 私が特に意識しているのは、島根スサノオマジックの観戦を通じて子供達がワクワクするような経験をし、それが大人になっても「家族で行ったあの時の観戦はすごく面白かった!」という懐かしい思い出になってもらいたいということです。よく事例に挙げるのが、私の兄が子供の頃に一畑パークに行った時の思い出や、私自身の思い出といえば米子の土曜夜市の盛り上がりですね 当時父親に連れて行ってもらった土曜夜市は本当に楽しくて、49歳になった今でも楽しい思い出として心に残っています。そういった思い出が地域を愛する心につながったり、将来都会に出ても「やっぱり故郷に帰ろう」という気持ちにつながるんだと信じています。

 そのような思いもあり、今シーズンは特にプロジェクションマッピング等の演出や会場でのプレゼント等、色々なことに凝って「異空間」という雰囲気づくりに努めています。こうした努力により、来場いただいた子供たちに「家族で行ったスサノオマジックの観戦が本当に楽しかった」と感じてもらいたいと思っています

 そういった話もさせていただき、講演はとても盛り上がりました。そして、その後の懇親会にも参加させていただき、皆様と名刺交換をさせていただきました 今後は少しでもご支援いただけるよう、一生懸命営業活動をしていきたいと思っています

 それにしても雲南法人会の皆様は本当にパワフルでした 懇親会でもすごい盛り上がりで、しかも皆さん熱燗のとっくりを持ってお酒をつぎに回られるので、ついついお酒を飲みすぎて気分が良くなりました ありがとうございました

 また、このように島根スサノオマジックの講演ご依頼がありましたら、遠慮なく私か島根スサノオマジック事務所までご連絡ください。私たちにとって大変貴重な機会ですので、できるだけ行かせていただけるように頑張ります

 皆さま、もう「島根スサノオマジック メンチカツ&カレードーナツ」は食べられましたか?とっても美味しいですよね 私は販売初日の10月10日に近くのローソンさんに行って買ってきました

 皆さまもぜひご購入ください そして、ぜひSNS等で拡散をお願いします
メンチカツ&カレードーナツ
 この商品は、今シーズンからスポンサーになっていただきましたローソン様とのコラボ企画で、中国地方・四国地方のローソン各店舗で10月10日〜11月8日までの1ヶ月間限定で販売されます ぜひお買い求めください。ちなみに、カツは”勝つ”という願いを込めてますので、これを食べて今シーズンも勝利して行きたいと思ってます

 私は初日に6個、そして今日は明日のアウェー戦でお土産用に10個買いましたので、けっこうなヘビーユーザー?になってます
カツ店頭
カツ(買い物かご)
 初日に買った「島根スサノオマジック メンチカツ&カレードーナツ」は私が社長を務めるアースサポート株式会社の東京本部のお土産にしました。グループ会社の石尾産業株式会社の会議もあったので、そこでもお土産として持って行きました 話題性があり、なお且つ美味しいのでお土産にはちょうどいいですね

 ありがたいことに、多くのブースターさんがこの「島根スサノオマジック メンチカツ&カレードーナツ」をご購入いただき、SNSで発信していただいています。本当に嬉しいです そうすると、多くの人の目に触れて「あ、私も買ってみようかな。」という気持ちになり、実際に買っていただけます そうなると、ローソン様はじめその他の会社さんでも「島根スサノオマジックとのコラボ商品を作ってみよう」という企画が立ち上がると思うのです。それは私たちクラブにとっては、収入面はもちろんのこと、PR的にもすごく重要なことなのです

 以前からお菓子屋さんやその他のお店に「スサノオマジックとのコラボ商品を作っていただけませんか?」とお願いしていますが、過去にもトライしていただいたお店からは「以前やってみたけどそこまで売れなかったしね〜。」とお断りされてしまいます B1に昇格してから様々なメディアの取り上げ方が今までと格段に違うので、その波に乗ってコラボ商品を増やしていきたいと思っているのですが、まだまだ超えなければならないハードルは高いなと感じています。私たちの努力不足だと反省しています。

 そうした中で、今シーズンからオフィシャルスポンサーになっていただいたローソン様に「島根スサノオマジック メンチカツ&カレードーナツ」を販売いただいたことは、私たちにとってすごく大きなことで、心より感謝しています 何としてもこの商品を成功に導きたいと考えています。そうすることで、ローソン様はじめ他の企業様でも第2、第3の島根スサノオマジックコラボ商品が生まれると確信しています
メンチカツ&カレードーナツ
 皆様、ぜひこの「島根スサノオマジック メンチカツ&カレードーナツ」をご購入ください そしてSNS等で拡散していただき、もっともっと多くのブースター様に商品の存在を広く伝えていただきたいと願っています。そうすることが私たちのクラブを支えることであり、チームの強化につながることだと思っています。

 ぜひぜひよろしくお願いいたします 力を合わせて島根発のヒット商品を作って行きましょう

 今日は島根スサノオマジックとして特に地元松江でのメディア露出が多い日で、本当にありがたいと感じました 私たちの様々な取り組みをブースターの皆様に、そしてこれから関心を持っていただける方々にお伝えするには、メディアの皆様にご協力いただけることはすごく大きな力になります。島根ではプロスポーツクラブは私たちしかないということもあり、いつもすごく取り上げていただき、誠にありがとうございます

 今日はその中で特に2つの内容を書かせていただきますね。

 まずは今朝の山陰中央新報朝刊に折り込みで入っていた生活応援情報誌「りびえ〜る」です 巻頭特集に島根スサノオマジックを取り上げていただきました!誠にありがとうございます
1ページ目
2ページ目
3ページ目
 HPを見ると、りびえ〜るの発行部数は出雲版が12万部とのことです。多くの皆様の目にとまったのではないかと期待しています

 また、今シーズンは山陰中央新報様の「さんさんクラブ」と島根スサノオマジックブースタークラブのコラボレーションが実現しました!詳しくはこれから公式等で発表させていただきます

 今後ともなにとぞよろしくお願いいたします

 そして、いつも大変お世話になっていますTSK山陰中央テレビ様では、今日の13:55から「SUSANOO新時代〜バスケ界最高峰B1へ〜」という特別番組を放送いただきました 私もこの時間は家にいて番組を見させていただきましたが、すごく良い内容で感動しました
スサノオ新時代
 番組最後のこのシーン!カッコよかったですね
待ってろB1
  TSK山陰中央テレビ様も今シーズン大きなスポンサーになっていただいています 今シーズンはTSK様には試合会場でもイベントを実施していただく計画になっています(TSK様プレゼンツTシャツバズーカで盛り上げます)。

 TSK山陰中央テレビ様はグループ会社の株式会社ミック様も含め、島根スサノオマジックの運営会社であります株式会社山陰スポーツネットワークの大株主になっていただいています。

 このように、地元のメディアに様々なかたちで支えていただけるというのは、プロスポーツクラブにとってすごく重要なことだと考えています。今回の2つの事例だけでなく、日頃からNHK様、BSS山陰放送様、NKT日本海テレビ様、日本海新聞様、マーブル様、その他多くのメディア に取り上げていただいています 心から感謝いたします。

 今日は日曜日だったので、ゆっくり新聞やTVを見る時間がある人が多かったのではないかと思います。こういう機会に、10月7日にいよいよホーム開幕を迎える島根スサノオマジックの頑張りをみていただけると嬉しいですね これからも頑張ります
7homegamekaitei

↓↓チケット情報はこちら↓↓
=================================
10/7.8 ホーム開幕戦 VS栃木ブレックス
https://www.susanoo-m.com/news/30556.html
=================================
10/21.22 ホーム第2節 VS琉球ゴールデンキングス
チケット販売に関してはこちら
https://www.susanoo-m.com/news/31123.html
=================================
11/3.4 ホーム第3節 VSアルバルク東京
チケット販売に関してはこちら
https://www.susanoo-m.com/news/32250.html
 
 

 昨日は広島に出張していました 2年前から中国経済産業局様の取りまとめで中国地方のプロスポーツ団体が参加するセミナーが開催されていまして、私もその時から参加していました。座長は広島経済大学スポーツ経営学科の永田教授でした

 そして、今回は「地域プロスポーツ団体等による連携プラットフォーム構築事業」として装いを新たにし、昨日がその第1回連携協議会となりました。当クラブとしては本来は龍岩社長が参加すべきだと思いますが、今までの2年の流れもあったので私が参加することになりました
IMG_1051
 今回からあの有名なスポーツジャーナリストの二宮清純さんがプロジェクトマネージャーにご就任されました ご挨拶の中でもスポーツは地域振興、産業振興の”キラーコンテンツ”であり、国も2025年までにスポーツ産業を現在の5.5兆円から3倍の15兆円拡大することを目指しているというお話をいただき、すごく勇気が湧いてきました そして、スポーツの主役は「地域と住民」であること、スポーツは精神浮揚効果があり、地域の皆さんの”心のインフラ”だというお話を伺い、改めて島根県内唯一のプロスポーツクラブである島根スサノオマジックの責任は重いと痛感しました。私たちは小規模なクラブであり、まだまだ経営的には厳しいのですが、地域に興奮や感動を、子供たちに夢を提供できるようこれからも一生懸命頑張っていきます
IMG_1050
 このように地域のプロスポーツ団体が集まって情報共有するということはすごく良いことだと思っています。実際に2年前に参加させていただいた際には福岡ソフトバンクホークス株式会社の課長様にご講演いただき、その際にフードコートの売上がすごく重要だとお話を伺いました。その情報を直ぐに持って帰って「スサノオフードマルシェをスタートしよう」と決め、昨シーズンはお陰さまで3千万円近い売り上げを上げることができました 私たちの経営を改善するためにいちばん重要なのは、プロスポーツ事業に関する手法やノウハウに関する情報を貪欲に集めることであり、「これはいける」と思ったら迷わず実践することだと思います。経営者として、責任者として常にプロスポーツビジネスに強い関心を持ち、勉強し、自分自身の能力を伸ばしていくこと。経営者はこれができなければ組織は成長しません。一般的に「会社の大きさは経営者の器と同じ」と言われていますが、そのことを肝に命じて頑張らなければならないと思っています

 いよいよ2017-18シーズンも始まります 私たちのホーム開幕戦は10月7日、8日。あの田臥勇太選手率いる栃木ブレックス戦です これは盛り上がること間違いなしです
 7homegamekaitei
チケット情報は下記のリンクからよろしくお願いします!
https://www.susanoo-m.com/news/30556.html
 
共に戦いましょう GO!GO!MAGIC! 

 昨日、一昨日と久しぶりのホームVSバンビシャス奈良戦に多数のブースターの皆様にお越しいただき、誠にありがとうございました お陰さまで今節も連勝することができました。

 特に今回はBリーグ(B1、B2)の連勝記録を塗り替えることができましたので、朝刊になんて書いてあるか楽しみにしていました。そうしたところ、久しぶりに山陰中央新報朝刊の一面を飾ることができました 本当にありがとうございます
IMG_5944ブログ
記事20170227(一面)ブログ
 こうやって記事を書いていただくと、島根スサノオマジックに日頃興味がない人でも「最近すごく強いみたいだね」と関心を持っていただけますし、「すごいね!一度見に行ってみたいな!」と言っていただけることが増えてきます。こうやって勝つことは、いちばんの宣伝効果になるなと感じています

 こちらはスポーツ欄の記事です
記事20170227(13面)ブログ
 一方で、「首位快走も集客苦戦」という見出しの記事も出ました。これは先日から数回にわたって取材を受け、現状の問題点や将来B1に上がった時の課題等について答えた内容です。

 来場者数については、実質的には昨年度比9%減という状況です。減少理由について詳細は把握していませんが、昨シーズンは10月に琉球ゴールデンキングス戦で二千数百人の来場があったり、年内はずっと旧松江市総合体育館で試合を開催したという事情があったことも大きな理由ではないかと感じています。
 
 実際のところ、今シーズンで1月29日までに松江市総体で開催した試合の平均来場者数は1,558人(回数は8回)。これに対し、昨シーズンの同じ時期に松江市総体で開催した試合の平均は1,456人(14回)であり、今年の方が1試合あたり100人程度増加しています。このように、松江市総体で開催する試合回数によって大きく来場者数が変化するということも原因の一つなのではないかと感じています 

 また、今までの傾向では例年1月以降に来場者数が伸びているということもあり、且つ今シーズンは1月以降の松江市総体での開催回数が10回(昨年のレギュラーシーズンでは2回)予定されているため、これから順調に伸びてくるのではないかと感じています(そうあっていただきたいと祈っています)。

 このように、昨シーズンと今年を単純比較はできないですね。ただ、それでもB1に上がった時にこの集客数では非常に厳しいというのは事実です。当クラブが来シーズンにB1に昇格した場合、掲げている目標は毎試合平均2,500人。これは絶対に達成させたいと思っています。

 そして、今シーズンは1,833人目標です この数字はかなり厳しいですが、まだ諦めずに進んでいかなければなりません。まずはブースターの皆様のお力も借りながら4月1日、2日の満員プロジェクトを成功させ、また連勝を伸ばして地域を盛り上げ、来場者数目標も達成させたいと考えています。

 これからも頑張りますのでぜひご支援賜りますよう、よろしくお願いいたします 
 共に戦いましょう

 先日は島根県・鳥取県中小企業家同友会青年部様の新年合同例会で講演をさせていただきました。貴重なお時間を賜り、島根スサノオマジックについてお話をさせていただく機会をいただきましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございます 

 題名は「スサノオマジック改革 〜向かい風からの組織づくり〜」です
同友会チラシ
 なんだか少し物々しい題名になっていますが、同友会のご担当の方々からできるだけ苦労話やそれをどうやって克服したかという観点で話をしてほしいというご要望をいただいていましたので、題名も”困難に立ち向かっていく”という感じにしています そういえば写真も何年も前の若い頃の写真ですね 年齢詐称をしている感じで申し訳有りません(昭和43年生まれの48歳です)。

 確かに2014年に私が社長に就任した時や、それからしばらくはいろんなことがありましたし、普段の企業経営では経験することがないようなこともたくさんありました。ただ、それらの全ては私にとっては挑戦であり、基本的に楽天的でチャレンジ好きな性格でもあるので、「どうやってこの問題を克服してやろうか」とずっと考えてやってきました。そういう意味ではあまり”苦労した”という感覚は持っていませんね 球団経営という貴重な経験、且つやり甲斐のある仕事をさせていただいていることに心から感謝しています。

 今回の講演時間はなんと70分 かなり長かったのですが、皆さんが熱心に聞いていただけたのでホッとしました。私自身も70分しゃべり続けたので疲れましたが、充実してました 主催されたご担当の方々からも「普段より参加者がかなり多かったです」と行っていただけましたので、集客にも少しでも貢献できたようで更に嬉しかったです。
(下の写真は講演の後のテーブルディスカッションの様子です)
同友会例会
 中小企業家同友会というのはすごく皆さんが真剣に取り組んでおられる会で、こうやって講演(報告)をする際には事前に「プレ報告会」という会があります。私も今回事前に2回プレ報告会でお話しさせていただいたのですが、その都度参加者からけっこうなダメ出しをいただいた(笑)ので、推敲に推敲を重ねて本番に臨みました 今までいろんなところでお話をさせていただいていますが、事前に”プレ報告”をしたことは初めての経験で、聞いていただく側のニーズが何かを知る上ではとても良い経験だったと感じています

 講演の最後に5分くらいお時間をいただき、事前に各テーブルにお配りいただいていたウィークリースポンサーとブースタークラブの申込書について説明させていただきました。「今日の私の講演をお聞きいただいた皆様は、ウィークリースポンサーやその他のスポンサーとして島根スサノオマジックを支援したいというお気持ちでいっぱいだと思います。」と言ってしまいましたが、少しでも良いのでぜひご支援をいただけますと喜びます

 島根スサノオマジックのような地域のプロスポーツチームは、地域のみんなで少しずつでも支援していかなければ存続することができません。講演でもお話をさせていただきましたが、地域のプロスポーツチームがもし経済的に行き詰まって倒産し一度無くなってしまうと、やり直してチームを再建するということはおそらく難しいと思います。行き詰まってしまった時の球団の債務をどうするかという問題もありますし、多くの人にご迷惑をかけるので地域で悪い印象を持たれてしまい、もう一度チャレンジしようという機運が高まらないと思うからです。

 そうなった時の影響はすごく大きいと思います。もし島根でそうなってしまった時には、地域の将来を担う子供たちが「やっぱり島根ではプロチームなんて無理だったんだ…」と諦めてしまい、自分の住む町に夢や希望を持てなくなってしまうのではないか。私は絶対にそうさせたくないです。苦しい中でも一生懸命チャレンジし続け、勝利するスサノオマジックの背中を見せることで子供たちに誇りを感じてもらいたい。そういう熱い気持ちでこの仕事をさせていただいています

 プレ報告で「アースサポートの社長である尾崎さんがなんでスサノオマジックの社長を引き受けたのかが知りたい。どういう思いだったのですか?」と質問されたので、今回の講演ではその話もしました(該当部分のスライドを添付しますね)。講演中に話をしながら思いが溢れて、涙が出そうになって困りました
スライド(就任した理由)
 ただ「1年で球団を立て直し、終わったら退任しようと考えた」とありますが、実際にはそんなに球団経営は簡単な話ではなく、3年目を迎える今シーズンも社長として一生懸命務めさせていただいています

 年が明けてこれから後半戦が始まります。今シーズンは60試合(bj時代は52試合でした)なので長丁場ですが、選手たちもSHIMANE PRIDEを胸に一生懸命頑張っていますので、ぜひ皆様も熱い応援をよろしくお願いいたします

 島根スサノオマジックは、地域に誇りと感動を、子供たちに夢を提供できるようこれからも全力で走り続けます

GO!GO!MAGIC!

↑このページのトップヘ