カテゴリ: 広報活動・PR

 昨日は朝から、「鳥取・島根大交流杯」という山陰両県の行政の方々や経済人が集まる会のゴルフコンペおよびその後の懇親会に出席させていただきました こちらは(株)山陰スポーツネットワークとしてではなく、私が経営するアースサポート(株)として参加しました。ただ、結局のところどちら側で参加をしても同じ人間(私)なので、積極的に島根スサノオマジックのPRをさせていただきました
大交流杯
 2つの会社をそれぞれ一生懸命経営しているため、普段からあまり時間がなくバタバタしていますが、そんな中でも特に最近はこういった会合にはできるだけ参加したいと思っています。というのも、最近「自分の強みってなんだろう?自分の強みを生かした島根スサノオマジックの経営がちゃんとできているかな?」と考えているからです

 普段から社員には「自分の強みは何か意識していますか?弱みを克服するのではなく、自分の強みを生かし、強みを伸ばした方がいい。ドラッカーは”組織は人の弱みを意味のないものにすることができる”と言っているが、それは、あなたに弱みがあったとしても組織の中にはそのポイントが強みである人がいて、あなたの弱みを補うことができるからですよ。なので、弱みを補強するのではなく、強みを伸ばした方が組織としてはより良い結果になるのです。」と指導するようにしています。その点を自分に当てはめてみると、島根スサノオマジックの社長としての自分の強みの1つは、アースサポート(株)の社長として「地元経済界等の様々な会合に出て島根スサノオマジックのPRができる」という点もあるなと思い、できるだけ参加するようにしています リーグの他の社長の皆様と比較しても、この点だけは私の強みかなという自負もありますので、これからも頑張りたいと思います

 それにしても、やはり島根スサノオマジックはとても恵まれているなといつも感じます。こういう会に参加すると、本当に多くの行政や経営者の皆様がスサノオマジックに関心を持っておられて、「プレイオフは残念だったね。」とか「今シーズンはかなり早く選手が決まってきてるね。期待してるよ」等、あたたかい言葉をかけていただいています 関心を持っていただけているというのはすごく嬉しいことですね

 選手は今のところ日本人6名、外国籍選手2名(デービス選手も島根で確定です)が決定しており、いつもより早めに動けています。残すところ日本人2〜3名、外国籍選手1名ですね。早く確定したいという気持ちもありながら、一方では他のチームの動向を見ながらじっくり決めていかなければならないという気持ちもあります 末松GMやマイケルHCとしっかり情報共有しながら進めていきますね

 これからも頑張りますので、応援よろしくお願いいたします

 本日、島根スサノオマジックの新しい営業車が納車されました カッコイイですよね
営業車(横)
営業車(後ろ)
 この車はマツダのキャロルです。島根スサノオマジックのスポンサーであります株式会社マツダオートザム松江様のご支援をいただき、この度納車いただくことになりました 誠にありがとうございます。せっかくなので先勝である本日に納車いただきました また、ナンバーはこちらから指定はしなかったのですが、「816」は”(シュートが)入る”ということで、とても縁起がいいなと思っています。これを弾みに週末のプレイオフで勝利を掴みたいですね

 なお、この車の上にはスピーカーが設置されていますので、今後は試合のある週に開催地でPR活動をするのに使いたいと思っています。今日も早速試してみましたが、SDカードに録音した音声が繰り返し流れるような設定になっておりバッチリでした。

 本日は株式会社マツダオートザム松江の坪倉社長にお越しいただき、鍵の贈呈式も行いました
営業車納車(坪倉社長)
 坪倉社長様、本当にありがとうございました 心より感謝申し上げます。

 以前から滋賀レイクスターズさんの営業車を見て、「ああいうカッコイイ営業車があれば良いな。」と羨ましく思っていましたが、厳しい財政状況もありなかなか手が出ませんでした。今回マツダオートザム松江様のご支援をいただき、ついに念願のラッピング営業車(というのかな)を持つことができ、本当に嬉しいです

 こうして多くのスポンサーの皆様やブースターさん、行政の皆様、ボランティアや関係各位のあたたかいご支援をいただきながら私たちはバスケットボールをすることができているということを肝に銘じ、これからも頑張っていきたいと思います 今日は本当にありがとうございました。

 この土日、島根スサノオマジックはバイウィークで試合がありませんでした。もともと他のほとんどのチームより2試合多く進んでいましたので、この週末で広島ライトニングを除く西地区11チームが48試合を終え、順位も明確になりました

 今時点で島根スサノオマジックは36勝(チーム歴代最多勝利)12敗、勝率75.0%で西地区第3位につけています。2位には1ゲーム差で京都、1位には2ゲーム差で琉球ですので、このレギュラーシーズンの1試合1試合がここに来てすごく重要だったな、と改めて感じざるを得ません。
10
 これからの試合は、まさに島根スサノオマジック始まって以来の重要な4連戦となります 今週末の16日(土)・17日(日)には現在第5位の滋賀レイクスターズをホーム浜田に迎え、そして4月23日(土)・24日(日)のレギュラーシーズン最終節は現在第4位で昨年のリーグ王者である浜松・東三河フェニックスを新しい松江市総合体育館に迎え、最高に熱い試合をブースターの皆様にお見せしたいと思っています

 この前の8日に、山陰中央新報さんにこのような記事が出ていました。「1部」と互角の戦いと胸を張って言えるのは、残された4試合をしっかり勝ち切ってからだと思っていますので、この記事を励みに更に頑張りたいと思います
8)ブログ用
  それにしても、山陰中央新報さんはじめ、地元の新聞や様々なメディアにいつも取り上げていただいており、リーグ内の他のチームと比較してもとても恵まれた環境だと思います。本当にありがとうございます 試合があれば毎回TVニュースでも取り上げられますし、新聞各紙でも写真付きで記事を書いていただいています。そういったことはすべて地元の皆様の私たち島根スサノオマジックに対する期待の表れだと思っていつも感謝しています。期待に応えられるよう頑張りますね

 さて今週末の16日(土)・17日(日)は、連勝を伸ばして勢いがある滋賀レイクスターズをホーム浜田に迎えて試合を行います。プレイオフ1stラウンドのホーム開催を決定するためにも、そしてその後の2ndラウンドの対戦相手を考えても絶対に負けられない2連戦になります

 私たちが今シーズンのホーム戦19勝3敗という圧倒的な勝率を誇っているのは、毎試合ほぼ満席に近いくらいのブースターの皆様の熱い応援があるからです 会場が割れんばかりの応援によりスサノオ戦士たちは奮い立ち、その応援の凄さに相手チームは圧倒されます。ホーム会場の雰囲気を見るたびに、「ブースターの皆様もコート上で一緒に戦っていただいているんだな。」といつも涙が出るくらい嬉しくなります

 ぜひ浜田でもその力を私たちにお貸しください 選手たち一人ひとりが皆様の応援を必要としています
浜田大会ポスター(ブログ用)
 ぜひ一緒に力を合わせ、勝利を掴み取りましょう そして悲願の有明に一緒に行きましょう
 
 GOGOMAGIC 

 今朝の山陰中央新報を見て、朝からテンションが上がった人が多かったのではないかと思います 私もその一人です

 今朝の山陰中央新報に別刷りで松江市総合体育館完成の広告が掲載されていましたね そして、その広告の下には島根スサノオマジックの枠を取っていただき、新松江市総合体育館が完成したことに対する大きな期待感を表現させていただきました
新松江市総合体育館竣工広告(ブログ用)
 いよいよ4月23日・24日は、私たちがホームアリーナを使う最初の試合となります そして、その試合はレギュラーシーズン最終節となります。アリーナを含めて約3,500席ありますが、ぜひ両日とも会場を満員にし、選手たちを大きな声援で後押ししていただきたいと願っています。

 そして、その翌週には何としてもホームプレイオフを新体育館で開催し、さらにはセカンドラウンドを出雲のカミアリーナで開催したいですね。そして悲願の有明まで進んでいきたいと願っています。

 残りあと僅か。悔いの残らないよう頑張りますので、ぜひ応援よろしくお願いいたします

 今日は午後から拓殖大学の岡本飛竜選手の入団記者会見を開催させていただきました。多くのメディアの方々にお越しいただき、誠にありがとうございます さすがに大学バスケで大変優秀な成績を収めた岡本選手ですので、地元メディアの注目度がとても高いですね

 新聞記者の方やTV局の方々から様々な質問がありましたが、ひとつ一つに対して自分の意見をしっかり説明出来る岡本選手を横で見させていただき、とてもしっかりした選手だと感じました。大学でも取材は多かったと思うので慣れもあるとは思いますが、大学4年生が記者会見でしっかり自分の意見を言えるというのは実際のところすごいですね
岡本選手写真
 私と末松GMも一緒に写真を撮ってもらいました
記者会見(3人)
 契約はすでに締結をしていますが、この前の27日に実施したメディカルチェックの結果が来週にならないと出てこないので、その結果をbjリーグに報告し、その他の書類も全て提出をしてリーグから承認された段階で正式に契約が締結されたとみなされます。それが完了しないとベンチ登録もできませんので、今の時点で「2月6日・7日に岡本選手が出場します」と大々的に宣伝することはできませんので、その辺りはぜひご理解いただければと思います。ただ、まず大丈夫だと思っていますので、ぜひ2月6日・7日の試合はご期待ください

 岡本飛竜選手が加わることで、後半戦も更に良い試合をお見せできると考えています。ぜひ試合会場にお越しいただきますよう、選手や社員一同こころよりお願い申し上げます

 今朝の山陰中央新報さんに、「2015島根スポーツ回顧<3>」という題の記事がありました。写真は8月31日ですので、B.LEAGUEの1部〜3部の振り分けが発表になった2日後で、記者会見の時の写真ですね。あれから4ヶ月が経ち年末の30日を迎えているわけですが、今年1年はなんだかすごく早かったような気がします。
山陰中央記事(島根スポーツ回顧3)ブログ用
 この1年は記事にも『ファンとの一体感が財産』とあるように、本当にそのとおりだと強く感じることができた1年だったと思います。

 今年の3月にタスクフォースから説明があった頃は、「まずは2部から進めよう。」と考えていました。しかし、4月に入って多くの方々と話し合いをし、またブースターの皆様に「新リーグ初年度1部参入を目指す会」を立ち上げていただき、ずっと悩んでいた私の背中を押していただきました。そして、昨シーズン最終節の時に「新リーグで1部参入を目指します」と宣言させていただき、それから遮二無二頑張りました。

 6月30日に第1回目の新リーグ入会審査ヒアリングがあり、その時いただいた様々な宿題をブースターの皆様と共有するために記者会見を行い、その場で「ブースタークラブ1万人プロジェクト」をスタートさせました。プロジェクトは約1ヶ月で達成でき(12月23日現在でブースター会員数は12,136人になっています)、8月29日の1〜3部階層分け発表の場に期待を込めて出席しました。

 しかし、結果は2部に終わりました。

 その時は本当に悔しくて、自分の力不足が情けなくて涙が出ました。でも、ブースターの皆様や多くの関係者の方々からあたたかい励ましや「諦めるな」という熱い言葉をいただき、2017年秋からの1部入りを目指そうと改めて決意しました。

 「大きく飛躍するためには、その前に一度かがまないといけない。」といわれます。ブースターの皆さんと一緒に悔し涙を流したあの時間は決して無駄ではなかった。その悔しさをバネに、地域と一体となって高みを目指して頑張っていけるのだと信じています

 山陰中央新報の記事はこう締めくくられています。
『将来1部昇格を果たした時、球団と地域が支え合う、地方球団の「原点」を見詰めた、意義のある年だったと振り返ることになるだろう。』

 必ずそうしてみせます。いや、球団だけがそうするということではなく、地域の皆様と力を合わせ、一丸となって意義のある年にしていきましょう。

 私たち島根スサノオマジックは県内唯一のプロスポーツチームとして、これからも地域に感動と興奮を、子供達に夢を提供できるよう一生懸命頑張ってまいります 皆様ぜひ力を貸してください

GO!GO!MAGIC!

 今日は日頃から大変お世話になっています溝口善兵衛島根県知事に年末のご挨拶に伺いました。後援会長の宮脇社長、#88山本キャプテン、私と太田取締役で伺いました。
941018_1049887301709985_4155765183191283223_n
 溝口知事は学生時代にバスケットボール部に所属しておられましたので、バスケ談義に花が咲きました チームの今の戦績等についてもご存知だったのでとても嬉しかったです
992826_1049887298376652_6586582667132687479_n
 島根スサノオマジックは県民に感動と興奮、子供達に夢を提供できるよう頑張ります ぜひ今後ともご支援賜りますよう、よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ