カテゴリ: 試合について

 この土日は広島ライトニングを迎えてのホーム2連戦となりました 初日は1,452人、2日目は1,785人のブースターの皆様にお越しいただき、誠にありがとうございました

 今シーズンは体育館の建て替えの関係で、12月末までしか松江市総合体育館での開催が出来ませんでした。本来であれば後半戦がはじまる1月から入場者数がグッと伸びるところなのに、ホームアリーナである松江市総体で開催できないというハンデがあるので心配していました しかし、今シーズン最初の総体以外の開催でこのように多くのご来場があり、ホッとしています ありがとうございます

 そして、今回はいろいろ厳しい中ではありましたが、中島社長はじめとされます広島ライトニングの選手の皆さんにお越しいただき、ありがとうございました 両日ともかなりの差が開きましたが、それでも集中を切らさず最後まで諦めないライトニングの選手たちの姿に感動しました。また、この日のために岐阜からお越しいただいた石橋HCにも本当にお世話になりました。そして、試合を開催するために様々なご支援をいただいたbjリーグの皆様にもたいへんお世話になりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました

 スサノオマジックの選手達も途中で手を抜くことなく、オールコートプレス等、自分たちのバスケットをしっかりやっていましたね。点差が開いたにも関わらず大味なバスケットにならず、お越しいただいたブースターの皆様にも良い試合をお見せできたのではないかと思います。
プレス
 一方で、今回のことで球団の運営とか経営について改めていろいろ感じました。bjリーグのチーム程度の規模(年間2億円前後)であれば、創業者やその周囲の人の熱い思いでいったんはスタートすることができると思います。しかし、本当に重要なことはスタートを切ることではなく、2年目、3年目、そしてその次とどうやって長い間継続させていくかです。

 というのも、一度スタートさせてしまった地域のプロチームというものは、地域の夢や子供達の憧れの存在になり、社会的な重要性が高いと思うからです。スタートするのは個人ですが、始まってしまった後はもう公(おおやけ)の財産だという意識が経営者にも、株主、スポンサー、行政、そして地域の皆さんにも必要なのだと思います。もし、例えば島根のような地方都市でプロスポーツチームが倒産してしまうと、地域の方々は「やっぱりうちのような田舎でプロチームは無理だったんだ。」と諦めてしまうのではないでしょうか?そして、そのプロチームに対して憧れを持ち、将来はそのチームでプレイしたいと夢を抱いていた子供達も「やっぱり田舎はつまらない。将来は都会で夢を叶えよう。」と感じてしまうかもしれません。地域に住む大人として、私は絶対にそれは避けなければならないと思っています。

 私自身も2014年5月に突然球団社長に任命いただき、1年間は本当にたいへんでした。入社する前に聞いていた社内の評判や噂の類は、入って直接確認してみると全然違っていて、やはり経営は現場に行って現物を見て、自ら現実を確認することが大事なんだということを改めて思い知らされました その後はブースターの皆様や行政の方々に支えていただき、そして大株主の皆様やスポンサー様から資金的な支援をかなり手厚くいただけたことにより、お陰さまで飛躍的に改善し、今ではかなり安定した経営を行うことができています まだこれから改善しないといけないことや、解決しないといけない問題もたくさん残っていますが、それでも一昨年と比べると雲泥の差がありますね。

 各チームの環境は千差万別で、bjリーグでも企業チームもあれば、スサノオマジックのように”独立系”のチームもあります(そちらの方が主流ですね)。そのため、各チームの社長の置かれている立場も、資金や人的バックアップも、各チームそれぞれです。そんな中ではありますが、私自身が感じるbjリーグのいちばんの良さは、リーグの方々はもちろんのこと、各チームの社長が運営に関する様々なノウハウを教え合い、助け合うという点です。チーム対チームという点では当然厳しく戦うのですが、プロバスケで地域を元気にしたいという理念で固く結ばれた同志なので、経営的なところでは情報をお互いに提供し、助け合っています。私自身もいろんなチームの社長にお話を伺って勉強させていただき、マネさせていただけることは積極的にマネするようにしています(たまにTwitterでパクリすぎと書かれるみたいですが、確かにそうですね)。なので、ぜひ広島ライトニングさんにも頑張っていただきたいと思っていますし、お手伝いできることや提供できるノウハウがあれば積極的に協力したいと思っています。志を同じくする仲間ですので

 プロスポーツを通じて地域に元気を提供し、子供達に夢を与えることができる。これは本当に素晴らしいことだと日々思っています。だからこそ重い重い責任が経営者にはあるんだということを改めて感じました。一度はじめたら、自分たちの都合で簡単にとめられない。私たちの背中を地域の子供達が見ているんだということをしっかり認識し、これからも頑張っていきたいと思っています

頑張ります

 先日のAWAY京都戦には島根から多くのブースターの皆様にお越しいただき、大声援で選手を後押しいただき誠にありがとうございました 両日ともに大接戦でしたが、熱いブーストのおかげで私たちがAWAYで戦っているということを忘れてしまうくらいの会場の雰囲気となりました。マイケルHCや選手たちも皆様の声援にとても勇気付けられたと思います
スクーティーの写真
 また、京都の皆様もあたたかく私たちをお迎えいただき、誠にありがとうございました 心より感謝申し上げます。私自身、大学は京都の同志社大学を卒業し、うちの奥さんも京都の人なので、京都は自分にとって第2の故郷だと思っています 更には奥さんの妹夫婦と、可愛い甥っ子姪っ子たちが熱烈なハンナリーズブースターなので、私自身もハンナリーズは大好きです

 さて、今回の試合でかなり話題にのぼりました「ハック戦術(ハック・ア・シャックから来ている)」ですが、Twitter等でかなり議論が起きていたので、まずはbjリーグのルールを確認してみました。

 bjリーグ2015-2016のルールには、「第4クオーター、各延長時限の最後の2分間において、次のような触れ合いでファウルが宣せられたときは、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウルとして処置する。」とあり、その2項に「ボールと直接関係ないところで、ボールをコントロールしていない攻撃側プレイヤーに防護側プレイヤーが起こした触れ合いに対してファウルが宣せられたとき」とあります。つまり、ハック戦術を第4クオーターやオーバータイムのラスト2分で行った場合、「アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル」になってしまうということですね

 「アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル」になってしまうとどうなるかと言いますと、
 ①ファウルをしたプレイヤーに1個のファイルが記録され、相手チームに1個のフリースローが与えられる。そのときコート上にいたプレイヤーであれば誰がフリースロー・シューターになってよい。
 ②フリースローのあとは、フリースローが成功してもしなくても、フロント・コートのサイド・ハッシュ・マークから、フリースローをしたチームのスロー・インでゲームを再開する。このとき、スロー・インするプレイヤーはコートのどこにいるプレイヤーにパスしてよい。
 ③アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウルはチーム・ファウルに数える。
という3つ全てになります。なので、ハック戦術は第4クオーターやオーバータイムのラスト2分では使えない(使っても戦術的に意味をなさない)ということですね。逆に言うとその時間より前については、ルール上特に制限する規定はないということです。

 Twitter等の議論を読んでみると「エンターテインメント的にはどうなのか?」という指摘が多かったように思いますが、ゲームのルールはルールとして上記のとおりであり、当然それに従う以外にはありません。その2つの意見を同じ土俵で議論することは難しいかなと思いますね。

 私は、立場的にはプロバスケットボールの試合という”興行”を主催する側になるので、エンターテインメント性は追求していかなければならないと考えますし、もし自分のチームがホーム戦で同じ戦術を取ったら「興行的にはどうだろう?お客様の反応はどうなるかな?」と心配にならないと言えば嘘になると思います。興行主としてはお客様に喜んでいただいて次の試合も来ていただきたいと考えるのは、立場的には当然のことですよね しかし、私が信頼してチームのことを任せているHCやGMが信念を持ってその戦術の採用を必要としているのであれば、彼らの判断を全面的に応援します。そして、実際の試合でHCがその戦術を取ったために周囲から批判されたとしても、全力で彼らを守ります。これも、球団とHC、GMという”チーム”の一員として当然のことだと考えています。

 今回の試合で「ハック戦術」という言葉を知った人も多いのではないでしょうか?アメリカのNBAでもハック戦術は行われており、それに対してNBAのコミッショナーが昨年言及しているようですね。コミッショナーは『長期的に考えないといけないこと。』、『以前、マイケル・ジョーダン、ラリー・バードら偉大な元選手たちと、この件について話をしたことがあったが、彼らは、選手たちがフリースローを練習すれば良いだけのことで、試合のオプションの1つだ、と言っていた。ただ、テレビ中継にとっては試合をつまらなくする要因でもあるので、私も態度を決められていない。』と言っているようです。ハック戦術に対する評価は、本場アメリカでも定まっていないということでしょうか?

 なんにせよ、この土日の試合はとても白熱した素晴らしい試合になりました 両チームの健闘を心から讃えたいと思います。また、日曜日の試合もハックを受けていたデービス選手ですが、残り5秒からフリースローを2本とも決めて勝利するという劇的な終わり方になり、島根ブースターの皆様にとっては最高に盛り上がった試合になりましたね 私も会場にいて、嬉しすぎて泣いてしまいました。
デービスのフリースロー
 これで今シーズン30戦が終わり、21勝9敗で西地区4位につけています。1位から6位まで3ゲーム差というすごい状態になっており、これからの1戦1戦が大変重要になります。チーム一丸で頑張って参りますので、これからも熱い応援をよろしくお願いいたします

 また、いよいよ今週末には新しい戦力である岡本飛竜選手がデビューすることになると思いますので、あわせてよろしくお願いいたします

 GOGOMAGIC

 昨日は新聞の休刊日だったので、今日の新聞を楽しみにしていました 球団に入ってからできるだけ1つ1つの試合の勝ち負けで気持ちが揺れないようにしなければと考えながらも、やっぱり勝てば嬉しいし負ければすごく悔しいですね。そして、球団の連勝記録を10に伸ばした日の新聞記事もとっても楽しみにしていました
記事:9連勝(ブログ用)
記事:10連勝(ブログ用)
 いつも記事で取り上げていただき、誠にありがとうございます 今回は私も仕事の都合でアウェイに行けませんでしたが、多くの島根ブースターさんがアウェイに行けない中(特に今回は遠かったので)、こうして詳細を記事に書いていただけるとブースターの皆様にとってもすごく嬉しいと思います。ありがとうございます

 さて、この週末も同じくアウェイで岩手ビッグブルズと戦います。頑張りますので、熱い応援を賜りますようよろしくお願いいたします

 GO!GO!MAGIC!

 

 今日は浜松アリーナにてAWAY浜松・東三河フェニックス戦が行われました。
away浜松戦(円陣)
 先週はAWAYで大阪に2連敗してしまい、今週も嫌なイメージが残ったままになっていないか心配していました。第1QTは島根12-10浜松・東三河とリードしてスタートしましたが、第2QT以降は苦しみ、澤岻選手の右足首の負傷もあり、どうなるかと心配しながら私も応援していました。
away浜松戦(ウェイン)
away浜松戦(山本)
 そんな中、今日は#50マーシャルキャプテンが良かったですね 先週は相手のハードなディフェンスの前にあまり得点を上げることができませんでしたが、今日は厳しい時間帯でもポイントを稼ぎ、15得点の大活躍でした。そして、#88山本キャプテンも頑張ってくれました
away浜松戦(スクーティー)
 第3QT終わって島根38-51浜松・東三河と13点のビハインドでしたが、今年の島根スサノオマジックは最終クオーターで逆転勝利を掴むことができる力を持っています。まさに”諦めない”ことの大切さを教えてくれる今年のチームは、見ていて本当に頼もしいチームだと思います

 前半なかなかスコアが上がらなかった#10ランダル選手が最終QTで爆発 バスカンを取って流れを島根に引き戻しました。そして、最後はなんと言っても#32安部のドライブからの#55横尾へのパス。それを横尾選手が落ち着いて3ポイントを決め、劇的な3ポイントブザービーターでの勝利となりました あの瞬間は本当に痺れましたね
away浜松戦(横尾)
away浜松戦(得点)
 AWAYでのこの1勝はチームにとってすごく大きな勝利になったと思います。本当に良かった 遠く浜松までお越しいただきましたブースターの皆様、誠にありがとうございました 皆様の熱い声援が選手の後押しになり、パワーをいただきました

 明日も同じく浜松アリーナで13:30Tip-Offです。スサノオ戦士達が明日も力の限り戦いますので、ぜひ会場、パブリックビューイング会場、bjTV、SNSの速報等を見ていただきながら熱い応援をよろしくお願いいたします

GO!GO!MAGIC!

 

 昨日は島根県益田市の市民体育館にてVS広島ライトニング戦を開催させていただきました 中島社長はじめとされます広島ライトニング様、益田までお越しいただき誠にありがとうございました。また、約800名のブースターの皆様に足を運んでいただき、心より感謝申し上げます。
益田プレ
 試合は前半は広島の外からのシュートがかなりの確率で決まり、46-46の同点で折り返しました。しかし、その後は島根の外国人選手がゴール下でしっかり仕事をし、#2澤岻選手の切れ味鋭いパスにより日本人選手がフリーになって、#55横尾選手や#7梅宮選手の連続3ポイントも決まり、終わってみると103-66で勝利することができました。

 プレシーズンゲームで久しぶりに勝つことができ、益田のブースター様に勝利をお届けすることができて本当に良かったです。ぜひ今後も熱いブーストをよろしくお願いいたします
試合結果
デービス選手
VS広島ライトニング戦
 今朝の山陰中央新報さんの記事もカラーで掲載いただきました ありがとうございます。
山陰中央kiji
 今はまだ怪我をしている選手もいますし、練習もまだまだこれからです。これからしっかり頑張り、今度の23日に広島県三次市で開催されますVS広島ドラゴンフライズ戦に臨みたいと考えています。プレでNBLのチームと試合をするのは初めてですが、来年のB.LEAGUEでは同じ”2部対決”となりますので、負けられない試合です

 ぜひ多くのブースターの皆様に三次にお越しいただき、熱い声援で選手の背中を押してください。よろしくお願いいたします そして、昨日のプレにもたくさんのブースターの皆様にお越しいただき、誠にありがとうございました。今シーズンもいよいよあと2週間で開幕ですね。ぜひ楽しみにしていてくださいね

 昨日、今日とプレイオフファーストラウンドの試合のため、静岡県磐田市にあるアミューズ豊田に行きました。対戦相手は西地区3位の浜松・東三河フェニックス 今シーズンのレギュラーシーズンは4戦4敗でしたので、その雪辱を果たすためにも選手たちも気合い十分で試合に臨みました。
全体の写真
 またこの2日間、多くの島根スサノオマジックブースター様にアミューズ豊田を青く染めて上げていただきました 最初の写真は昨日、そしてフラッグを振っていただいている写真は本日です アウェイのプレイオフ会場で島根のフラッグを見ることができ、嬉しくて涙が出そうになりました
5月2日
フラッグ
 試合は残念ながら両日とも負けてしまい、これで2014-2015シーズンの島根スサノオマジックはすべての試合が終了しました。私もすごく残念に感じましたが、森山HC代行や選手がいちばん悔しかったんだと思います。この悔しさをバネにし、数ヶ月のオフの時間をプロとして適切に使って来シーズンに備えてもらいたいと思っています。まさに「一寸の光陰軽んずべからず」です。

 この2試合で、改めて島根ブースターの皆様のすごさを感じました 「GOGOMAGIC」の大声援は、HC代行や選手ひとり一人の心に響いたことと思います。私も鳥肌が立ち、涙が出る思いがしました。島根ブースターの皆さんは本当に日本一だと感じましたし、島根ブースターの皆様に支えていただいて試合ができることをすごく幸せに感じました。そして、来シーズンはぜひ新体育館3,500人の観客の中で ホームプレイオフを開催したいと心に誓いました

 今シーズンは開幕11連敗という非常に厳しいスタートとなりました。しかし、それでもブースターの皆様は私たちを信じてくださって、多くの皆様に会場で応援いただきました その熱いブーストに応えるように、森山HC代行はじめチームメンバーも力を発揮し、なんとか6位プレイオフ進出を果たすことができました。本当にありがとうございました。

 第伍章はこれで終わりですが、島根スサノオマジックの神話はこれからもずっと続いていきます。地域に活力を、子供たちに夢を与え、永遠に輝き続ける存在になるため、島根スサノオマジックはこれからも一生懸命頑張って参ります。ぜひ今後とも皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします

 今シーズン誠にありがとうございました

 昨日、今日とホーム松江市総合体育館に大分ヒートデビルズを迎えての2連戦がありました 6位の大分ヒートデビルズとの直接対決となり、プレイオフ進出のためには絶対に負けられない試合でしたが、ブースターの皆さまの熱い応援を背に森山HC代行や選手達が一生懸命プレイし、同一カード2連勝を果たすことができました

 応援いただきました皆様方に心より御礼申し上げます
西地区6位
 昨日も今日も第4クオーターの最後まで試合がもつれ、本当にハラハラドキドキの試合でした 今日は残り十数秒で安部選手がやってくれましたね
安部選手
 また、昨日は1,743人、そして今日は1,882人のブースターの皆さまにお越しいただきました 誠にありがとうございます。大分ヒートデビルズのブースター様にも両日とも20名以上お越しいただいていたと思います。遠いところがお越しいただき、誠にありがとうございました

 昨日、今日の試合を見ながら、やはり私たちスサノオマジックのホーム試合の雰囲気はすごいなと改めて感じました。まるで地鳴りのようなすごい応援は、相手選手にとっては脅威になると思いますし、島根スサノオマジックの選手たちにとっては本当に心強いと思います。これから皆さまの熱い応援で、ぜひ選手たちの背中を押していただきたいです

 また、個人的な話になりますが、今日は私が社長を務めていますアースサポート(株)の社員やご家族の皆さんが40名以上来てくれました。いつも忙しくてあまり会社にも行けていませんが、そんな私を応援してくれている社員の皆さんがいるから、私も全力で頑張ることができます。本当に感謝しています
夢PT観戦イベント
 これで16勝26敗、ついに単独6位となりました。森山HC代行になってから今回で30試合ですが、その中での勝敗は15勝15敗と五分になっています これから残り5節10試合もチーム一丸となって頑張っていきましょう

↑このページのトップヘ