カテゴリ: ブースター様と共に

 昨日の激闘から1日経ち、やっとなんとなく落ち着いたというか、少しずつ「B1昇格が決まったんだ」という実感が湧いてきました。

 この場を借りて皆様に感謝の意を表させていただきたいと思います。

 マイケルHC率いる島根スサノオマジックのチームとスタッフに心から感謝したいと思います。今シーズンのチームは本当に素晴らしいチームです!スキルだけでなく、マイケルHCが重視したのは選手の性格やバスケットボールに向き合う姿勢でした。そういう点でも素晴らしいチームになり、1人のエースが引っ張るバスケではなく、全員が貢献するバスケになり、それが私たちのチームの強さだと感じています。

 そして、中村本部長はじめとするフロントのメンバーにも心から感謝しています より良い会社にするため、地域やブースターの皆様により喜んでいただけるために、普段からかなり厳しいことを言っていますが、私を信じて一緒に頑張って来てくれて、感謝の言葉しかありません。フロントの皆さんの献身的な頑張りがなければ昨日の瞬間はなかったと思っています。本当にご苦労さまでした。小松原マネージャーの考えてくれた「勝つのは俺たちだ‼︎」は、自分たちの気持ちが入ったすごい良いコピーで、私もこの写真が大好きです
勝つのは俺たちだ(ブログ用)
 また、ニュータイプの佐藤さんやMCのDJ.HARUさん、HONSHOWさん、吉田さん、音響の皆さん、ユミ先生、アクアの皆さんにはいつも会場を盛り上げていただき、ブースターの皆さんがより楽しく応援できるような環境を作っていただいています。本当にありがとうございます

 松江市総合体育館の皆様、鹿島総合体育館の皆様、その他私たちの興行にこころよく会場を使用させていただいた体育館の関係者の皆様にも御礼申し上げます。ありがとうございます!

 ブルーキャストの皆様にも本当に感謝の言葉しかありません。スサノオマジックを心から愛していただき、本当は試合を見たい気持ちでいっぱいなのに、私たちのお手伝いをしていただき、ブースターさんが楽しんで試合観戦できるよう日々頑張っておられます。ブルーキャストの皆様がおられなければ私たちは試合ができません。本当に、心から感謝しています

 行政の皆様、スポンサーの皆様、関係各位の皆様にもこの場を借りて御礼申し上げます。日頃からご支援賜り、誠にありがとうございました。お陰さまでB1に昇格することができました!これから私たちは島根の誇りを胸に、日本トップリーグでありますB1で戦って来ます。頑張りますので、これからもあたたかいご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします!

 そして、ブースターの皆様、本当にありがとうございました。特に昨日の第3戦は、ブースターの皆様の大声援が選手の力になり、皆様のお陰で勝てた試合だと感じています。ブースターの皆様と昨日のまさに歴史的な瞬間を共有することができ、この会社の社長になって本当によかったと感じました。
B1最短昇格決定(ブログ用)
 3年前に社長に就任し、なんとか会社を立て直したいと思って今まで皆様のご協力をいただきながら一生懸命走り続けて来ました。その過程でbjリーグとNBLが統合してB.LEAGUEが誕生し、2年前の振り分けで島根スサノオマジックがB2になり、昨年のbjリーグ最後の年に有明を目指しましたが、ホームプレーオフで負けてしまい、ブースターの皆様と一緒に泣きました。

 最後のご挨拶でもお話ししましたが、振り分けでB2になった原因は会社の財務状況が他のB1クラブより悪かったためであり、チームのせいではありません。つまり、会社のトップである私の責任です。自分の力が足りなかったためにB2になり、地域の皆様に悔しく悲しい思いをさせているということに対しずっと苦しい気持ちでいました。申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。そうした苦しい経験から、愛する地域のために何としても島根スサノオマジックをB1に昇格させ、地域に誇りを、子供たちに夢を提供したいと強く願ってきました。 その夢を「最短B1昇格」という結果で実現することができ、本当に、本当に嬉しく思っています。

 でも、これは私がということではなく、島根スサノオマジックを愛していただいている皆様全員で勝ち取ったB1昇格です。スサノオマジックを愛し、共に戦っていただいた皆様のことを心から誇りに思います!本当にありがとうございました

 そして、今週末の20日は代々木でB2優勝決定戦があります!激しい戦いを繰り広げた最強のライバル広島ドラゴンフライズの皆さんのためにも、そして震災で大変な状況の中でも強いチームを作り上げた熊本ヴォルターズの皆さんのためにも、B2は西地区が最強なんだということを示したいと思っています 最強西地区の誇りにかけて戦い、必ず優勝したいと思っていますので、ぜひ熱い応援をよろしくお願いいたします!

 共に戦いましょう!GO!GO!MAGIC! 

 昨日はくにびきメッセにて2016-17シーズンのブースター感謝祭を開催させていただきました GWの中にもかかわりませず、400名を超える多くのブースターの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。
2016-17ブースター感謝祭
 ブースター感謝祭では、トークショーがあったりサイン会があったり、30秒シュートチャレンジゲームがあったりと大変盛りだくさんでした また、スサノオフードマルシェでは各店舗に選手が”一日店長”として参加し、ブースターの皆さまからオーダーを取って料理を準備したり、普段では見ることができないシーンもたくさんありましたね
トークショー
サイン会(ブースター感謝祭)
一日店長
 私たちも試合会場以外で皆さまにお会いする機会は滅多にないので、とても穏やかな感じで楽しい時間を過ごさせていただきました 普段はクラブ一丸となって一生懸命戦ったり、私たちフロントは営業活動をしたり今後の戦略を練ったりしているわけですが、こうしてブースター感謝祭でブースターの皆さまと楽しく話をさせていただくと「私たちの帰る場所はここなんだな。ブースターの皆さまに暖かく迎えてもらえて、ここが自分たちの居場所なんだ。」と感じ、とても嬉しい気持ちになります このあたたかさが島根の良さだと感じます

 昨年も今回と同じく5月3日にブースター感謝祭を開催させていただきました。ただ、その2日前にはホームプレーオフで敗退しすごく悔しい気持ちでいっぱいだったため、まだ自分の気持ちの整理ができていない中でのブースター感謝祭でした。でも今回は違います。無事にホームのブースターの皆さまの目の前で西地区優勝を決め、5月13日、14日にはホームプレーオフ。これに勝てば悲願のB1昇格が決まります

 このような期待感が溢れるブースター感謝祭は、私にとっては初めての経験でした。まだ今週末にはレギュラーシーズン最終戦もあり、気を抜くことはできませんが、5月13日、14日のホームプレーオフに向けて一生懸命努力を重ね、万全の準備で挑んで必ず勝利したいと思います。ぜひ当日は熱い応援をよろしくお願いいたします 皆さまに書いていただいた寄せ書きにパワーをいただき、一生懸命頑張ります
寄せ書き(ブースター感謝祭)
 皆さま、お忙しい中ブースター感謝祭にお越しいただき、誠にありがとうございました 次はホームプレーオフでまたお会いしましょう

 今シーズン初のAWAY試合が終わりました。遠く熊本まで多くのスサノオマジックブースターの皆様にお越しいただき、選手たちの心に響く大きな声援を送っていただきましたこと、心より御礼申し上げます 本当に嬉しかったです 私は速報のためのカメラ撮影に注力していたため、皆さんのところにご挨拶にいけず申し訳ありませんでした。そして、スポナビライブで観戦していただき、熱い念を熊本まで送っていただきました皆様にも御礼申し上げます。皆様の熱い思いは選手たちにしっかり届いています

 そして熊本の皆様。昨日、震災後に初めて熊本に来させていただきましたが、市内もまだ屋根にブルーシートがかかっている家もあり、ブロック塀がくずれている家もありました。熊本城にも行かせていただきましたが、震災の被害の大きさを目の当たりにし、胸が締め付けられるような思いでした。震災の被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 熊本の皆様に私たちができることは限られているとは思いますが、何ができるかを真剣に考えました。その結果、昨シーズンにはスサノオマジック選手たちの発案によりホームの試合会場で募金を集め、当時の山本キャプテンが日本赤十字社にお渡しいたしました。
募金
募金を渡す
 日本赤十字社島根県支部に訪問させていただいたときに、山本キャプテンは「同じプロチームがある熊本で被災された方に、スポーツの力で元気を届け、これからも助けになることを行動と共に発信していきたい。」と語ってくれていました。今度の10月29日、30日に熊本ヴォルターズをお迎えするホーム戦でも募金活動をしたいと思っていますので、当日お越しいただけますブースターの皆様にはぜひご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 また、昨シーズンからはAWAYに行かせていただいた際に、島根スサノオマジックの公式マスコットであるすさたまくんによる【すさたまくんのAWAY食レポ】や【すさたまくんのAWAY旅レポ】を公式SNSにアップさせていただいています。今回も熊本の美味しい料理のうち、ほんの一部ではありますがご紹介させていただきました
桂花ラーメン
馬刺し
辛子レンコン
 もしかしたら不謹慎だということでお叱りを受けるかもしれないと思いSNSにアップすることを悩みましたが、もともとこのすさたまくんのAWAYレポートは、AWAY先に訪問させていただいたことに感謝し、少しでも地域を盛り上げることができればと考えてスタートした企画でしたので、今回も同じようにアップさせていただきました。 

 そして、今回のAWAY熊本戦ではベンチ登録が9名になってしまいました。これはベンチ登録を10名〜12名にしなければならないというB.LEAGUEのルール違反となります。このような結果になってしまったことにつきまして心よりお詫び申し上げます。すべては島根スサノオマジックの代表である私の責任です。誠に申し訳ありませんでした。

 以前ブースターミーティングで「もう1人の契約がほぼ決まっています」と申し上げたとおり、青木選手も含めて今シーズンには11名の体制で臨もうと考えていました。しかし、その後に締結まで時間がかかり、プレシーズンゲームでチームの柱である寒竹キャプテンが負傷し、9月24日のシーズン開幕には実質的に9名でスタートせざるを得なくなりました。

 寒竹キャプテンは京都の名医に手術をしていただけることになり、それが早ければ10月6日には可能ということも立石トレーナーから聞きましたので、選手のことを第一に考えれば1日も早く手術を受けてもらうべきだと思い、寒竹キャプテンのベンチ登録は外しました。手術は無事に成功し、今後は京都で治療・リハビリを続けると思いますが、今回のAWAY熊本戦でも寒竹キャプテンの心は熊本にあって、チームメイトと一緒に戦ってくれていたと信じています。彼のユニフォームはちゃんと熊本に持って行き、ベンチに掛けておきました。
キャプテン
 青木選手はAWAY熊本戦のベンチ登録が間に合う予定で契約合意まで至っていましたが、最終的には本人が引退を決意されましたので、クラブとしては選手の意思を尊重したいという思いで今回の引退発表となりました。bjリーグのレジェンドである青木選手のプレイをもっと見ていたいと願っていました。私も1人のファンとして残念ではありますが、bjリーグ11年間の彼の素晴らしいプレイ、そしてbjリーグを盛り上げてくれた貢献に対し心より敬意を表します。また、引退してもバスケットマンとしての人生はまだこれからだと思います。バスケットスクールとか、その他にも様々な活躍の場があると信じていますので、ぜひ今後ともバスケットボール業界の発展にご尽力いただけることを祈っています。同じバスケットボールファミリーとして一緒に頑張っていきましょう。

 このような経緯で、今回AWAY熊本戦におきましてベンチ登録人数のルールを違反してしまうことになりました。一部のブースター様から見通しが甘かったのではないかというご批判もいただいていますが、本当にそのとおりだと思っています。クラブの代表として責任を痛感しています。まことに申し訳ありませんでした。今後につきましては編成担当と一緒に早急に対応し、このようなことが起きないようにして参ります。

 今シーズンは出だしから怪我人が続きました。デービス選手が先週の土曜日の試合で、安部選手が日曜日の試合でそれぞれ怪我をし、今回のAWAYでは試合に出ることができませんでした。そのため実質7名で戦わなければならなかったのですが、選手たちは本当によく頑張ってくれていました。日曜日は残念ながら負けてしまいましたが、少ない人数で一生懸命戦っていた選手たちを誇りに思います
チーム一丸
 デービス選手も安部選手も何週間もかかる怪我ではないと思いますので、またすぐに元気な姿をコートでお見せできると思います ぜひご期待ください

 ところで、SNSを拝見しているとブースターの皆様が熱い議論を交わしておられますね。対戦相手のチームに色々言われることはbjリーグでは無いことだったので多少驚きはしましたが、個人的には今回のことに対してなんとも思っていません。というのも、そう言うことによって自チームを鼓舞するという意味もあると理解しているからです(うちのチームはやらないとは思いますが)。

 ただ、一言だけ言わせていただきます。我々は本当に「何でもない相手」なのか?我々の「レベル」はこの程度なのか?

 断じて違います

 我々が愛し、ブースターの皆様が愛する島根スサノオマジックの力はまだまだこんなものじゃありません そのことは次の島根ホーム戦でお見せできるようにしたいと思っています。
鹿島
 特に島根スサノオマジックはホームで強いチームであり、昨シーズンもホーム戦は20勝6敗でした(そのうちホーム15連勝もありました)。これは日本一熱いスサノオマジックブースターの皆様の怒涛の声援のお陰です 次のホーム戦は10月29日・30日に松江市内の鹿島総合体育館で開催されますので、ブースターの皆様はぜひ鹿島に集結してください 熊本ヴォルターズに島根のホームの力を、ブースターの熱い声援の力を見せつけましょう 鹿島総合体育館を青く染めてください

 ただ、島根ブースターの皆様に1点お願いです。遠く熊本からお越しいただける熊本ヴォルターズの皆さん、そして熊本ブースターの皆様に対しては必ずリスペクトを持って接してくださいね(島根ブースター様にとっては当たり前のことなのでわざわざ言うのもどうかとは思いましたが、一応念のためです。ご理解ください。)。今回のことで盛り上がっていただけるのはすごく嬉しいのですが、あくまで私たちはSHIMANE PRIDE(島根の誇り)を持って戦いますし、それはブースターの皆様も同じ気持ちだと確信しています。それが大前提で、その上でどんどん熱くなって、ブースターの皆様とチームが一丸となって島根のホームの強さを見せつける これが大事なんだと思います。

 テーマは『ブースター&チーム一丸でホームの力を見せつけろ』です。ぜひ一人でも多くの方とお誘い合わせの上、10月29日・30日は鹿島総合体育館にお越しください 会場を青く染め上げ、熱いブーストで選手の後押しをよろしくお願いいたします

 心をひとつに。GO!GO!MAGIC!

 昨日の夜19時からくにびきメッセにおきまして「ブースターミーティング2016」を開催させていただきました 金曜日の夜にもかかわらず、50名を超すブースターの皆様にお越しいただき誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。
最初の挨拶
 当クラブがブースターミーティングを開催させていただいたのは昨年に続いて2回目となります。今回の内容は、
1)2015-2016シーズンの振り返り
2)B1昇格に向けての課題とアクションプラン
3)事前に頂いた質問に対する回答
4)意見交換
でした。最後は時間が足らなくなってしまい申し訳ありませんでした

 下の写真は今回の説明資料の1つで、過去6年間の観客動員数推移表です。このように、2015-2016シーズン(神話第七章)はプレーオフも含めると47,103人ご来場いただきましたので、過去6年間では3番目に多い来場者数になりました。
観客動員数推移
ブースターミーティング
 また、平成28年6月期の売り上げ目標と実績についても説明しました。決算はまだ閉まっていないので経費や利益についての詳細は出せませんでしたが、売り上げについては数字が固まっているのでオープンにさせていただきました。そして、現状の財務的な課題や、具体的にどのようにしてその財務的課題を克服しなければならないかということを率直に話させていただきました。

 「B1昇格に向けての課題とアクションプラン」についてもかなり具体的な内容の説明となりました。今回のブースターミーティングでは、このように数字に関することをできるだけ説明するよう心がけました

 昨日のツイートでも書かせていただいたのですが、私はできるだけ情報をブースターの皆様と共有し、ブースターの皆様になんとなく”他人事”ということではなく、地域の皆様全員が当事者意識を持って「力を合わせておらが町のプロバスケットボールチームを支えていこう」と思っていただけるようにしたいと思っています。それは私自身の体験から、そうしたほうがいいと感じているからです。

 というのも、2年前の5月に縁あって島根スサノオマジックの社長に就任する前は、私自身かなり熱心なブースターとして、そしてスポンサーの1社として熱く応援していました。しかし神話第参章でジェリコ監督がチームを去り、その後の第四章で最下位に沈んだ時にはすごく悲しくて、「運営サイドは何をやってるんだ」という強い不満を持っていましたし、いろんなところで運営側に対する不満をぶちまけていました。

 第四章はチーム側としてもクラブ側としても本当に厳しい状況だったということも理由にあったのかもしれませんが、クラブ側からの公式な情報はほとんど得られず、多くのブースターは悶々とした気持ちだったと思います。「大好きなチームがこれからどうなってしまうのか?」、「あんなに輝いていたチームがなぜ1年でこんなになってしまったのか?」、「その責任は誰にあるのか?」。私もブースターとしてそういうことばかり考え、限られた一部のクラブ職員から聞かされる様々なネガティブな情報を鵜呑みにし、それが本当だと思い込んでさらに不信感が増していきました。

 そんな中で大株主の方々から「球団経営を任せたい。」と言っていただき、2014年5月13日に社長に就任させていただきました。入社して内情を把握していくと、事前に聞いていたいろんな噂はあくまでも噂で、ほとんどは本当ではなかったということが分かってビックリしました。クラブ職員は苦しい中でも一生懸命頑張っていて、ひとり一人社長面談をさせていただいた時に私自身のそれまでの(ブースターの時にいろんな不満をぶちまけていたので)非礼を謝罪しました。そして、バスケットボールを、島根スサノオマジックをこよなく愛しているこのメンバーと力を合わせてもう一度強いチームを作り、地域の方々の誇りになれるようなチームにしようと決意しました。
 
 私の経験談がちょっと長くなってしまいましたが、私が思っていることは「正しい情報が入らなければ現状に対する不安や不満しか出ない。しかしもともとチームのことを愛していただいているブースターの皆様なので、誠意を持って今の状況を説明し、情報を共有すれば、それがたとえ厳しいことであっても理解していただけ、共に頑張ろうと思っていただける。」ということです そのために今回のブースターミーティングもそうですし、またはブログとかツイッターとか、いろんな機会を使ってできるだけお伝えしたいと考えています。

 ただ、何を伝えるか、どう伝えるかについてはいろいろ考えながらやっています。というのも、直接話せば分かっていただけることでも、間接的に伝われば誤解を生むことがよくあるからです。ブースターの皆様だけであれば「あれは噂ですよ。」と言えば済むのですが、悪意のある悪い情報がもし選手たちに伝わると、今のように編成の時期によくない影響が発生する可能性が出てきます(”あのクラブは安定していないから行きたくない”とか)。その結果としてチーム編成が失敗してしまい、思ったようなチーム作りができなくなるということがあってはならないので、気をつけていかなければならないと考えています。ぜひそのあたりはブースターの皆様にもご理解いただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。今回の編成で言いますと、「B2から最短で昇格する可能性が高いのでぜひ島根に行きたい。」「経営的に安定しているので島根に行きたい。」と言ってくれている選手もけっこういると末松GMから聞いており、経営者としてはとても嬉しいなと思っています

 いろいろ書きましたが、今回は第2回のブースターミーティングに多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました ブースターの皆様に”他人事”ではなく自分のこととして力を合わせて一緒に頑張っていただけるよう、クラブ側としてこれからも情報共有に努めて参ります。今後ともよろしくお願いいたします


 B.LEAGUEの公式ページの中に、「クラブ別Twitterリツイートランキング」というページがあり、いま私たち各クラブ関係者の注目を集めています というのも、これは各クラブの公式Twitterが1週間でどれだけリツイートされたのかを集計し、翌週の火曜日に発表してランキング付けをするという内容だからです。なんでもそうですが、「ランキング」ということになると気合が入りますね

 私はかなり素直な性格なので、リーグのこういう動きは率直にありがたいなと思っています ランキング付けをすることで各クラブは「もっとTwitterで発信しよう!」と考え、ツイート数が増えてきます。そうすればブースターの皆様に届く情報量は増えてくると思いますし、特に今はオフシーズンでただでさえ各クラブからの情報発信が少ない時期なので、こういう活動は喜んでいただけるのではないかと思います。

 そして、ブースターの皆様も「うちのクラブを1位に押し上げたい」と思っていただき、積極的にリツイートしていただいています。そうなると各クラブの情報が今までにないくらいどんどん拡散していき、今までバスケットボールに興味を持っていただいていなかった方々にも情報が届くことになるので、もしかしたら「なんかバスケ盛り上がってるな。今度見に行こうかな?」と感じていただけるのではないでしょうか。そうなったらすごく嬉しいです

 そして、お陰さまで今日(火曜日)に発表されたクラブ別Twitterリツイートランキングでは、私たち島根スサノオマジックが1位を獲得しました これもブースターの皆様の熱いご支援のお陰です。誠にありがとうございました
クラブ別リツイートランキング(ブログ用)
 昨週は12位でしたので、イッキに上がりましたね 本当に嬉しいです

 このクラブ別Twitterリツイートランキングが始まって、確かまだ3回目くらいだと思います。最初にこれを見たときに「こういう活動は時間が経つと認知が高まるので、後になればなるほど各クラブもツイート数を増やすだろうし、1位を取るのが難しくなる。1位を狙うなら最初の方がチャンスだ」と考え、すぐに社内でも担当者の門脇さん、山下さんと「毎日1つ以上はツイートできるよう頑張ろう。ブースターさんが望んでいるのは選手の活動なので、選手の写真か、できれば動画をアップしよう。」と話し合いました。

 そして、今までの履歴を確認したところ圧倒的に岡本飛竜選手の動画がリツイートされていたので、今回は1位を狙いにいくためにも岡本選手の動画を3本いっぺんにアップしました 今回1位を獲得できたのは、何よりブースターの皆様の熱いご支援のお陰であり、そして担当者が方針に従ってしっかり努力してくれた結果だと思っています。皆様に心から感謝いたします

 こういう活動を積極的にすることで、ブースターの皆様に喜んでいただけるコンテンツをツイートしようと担当者や選手たちが努力することにつながります。そうすることで、結果的により多くのブースター様がリツイートしていただき、フォロアー数も増えていきます。ありがたいですね

 それと、私たちはスポンサーの皆様に営業訪問する際にも、必ず「よろしければ御社のイチオシ商品等があれば、それを選手に持たせて写真を撮ってSNSでアップしますよ 1万人以上にリーチすることもありますので、宣伝効果はバツグンです」と言うようにしています。

 実際に7月4日に赤名酒造様の「治酔(ちすい)」というお酒についてFacebookにアップしたところ、18,456人にリーチしました。
赤名酒造様
 そして、ツイッターではインプレッション(見た回数ですね)が12,422回と、これも1万を超えることができました。
ツイートアクティビティ
 本当に買ってほしいターゲット層に届いているかどうかと言われると正直なところ分からないのですが、ただこれだけのリーチができるというのは実際に多くのフォロアーさんや「いいね!」を押していただいているブースターの皆様がおられるからです そして、皆様のおかげで私たちはスポンサー様に対して「スサノオマジックのスポンサーをしていただければ、SNSを使って商品のアピールをさせていただくことができます」と胸を張ってアピールすることができます。本当にありがとうございます

 今回は私たち島根スサノオマジック公式Twitterを1位に上げていただき、誠にありがとうございました 皆様のリツイートのお陰です。これからも担当者の門脇さん、山下さんと一緒により良い内容をSNSにアップできるよう努めますので、今後とも熱いご支援をよろしくお願いいたします

 先月末から神話第七章(2016-2017シーズン)のブースタークラブ会員募集がインターネットでスタートしました ぜひ多くの皆様に島根スサノオマジックのブースタークラブにご入会いただけますよう、心よりお願い申しあげます。
ブースタークラブ2016-2017
 2016-2017シーズンからはB.LEAGUE全体で各ブースタークラブ会員様のIDが管理されることになり、そのIDを使って今後はネットでチケットも買えるようになる予定です。島根スサノオマジックのHPからブースタークラブ入会フォームをクリックしていただくと、このような画面になります。このページ自体がB.LEAGUEに飛んでいまして、そこからB.LEAGUE会員になると同時に島根スサノオマジックのブースタークラブ会員になっていただくという流れになります
ブースタークラブ画面
 私自身はこの方法になって、すごく期待しています というのも、私たちが今まで行ってきた方法では、なかなか「このブースターさんは何年もブースタークラブにご入会いただいていて、しかもずっとチケットをご購入いただいているお客様なので、様々なご優待を検討しよう」というマーケティングまで手が回らなかったというか、システムが統合されていなかったこともあり対応ができなかったというマイナス点がありました。しかし、今後はB.LEAGUEがそれらの管理をやっていただけることになるので、各クラブはマーケティングをしっかり行い、いわゆるロイヤルカスタマーに対してより良いサービスを提供することも可能になります。

 また、例えば島根スサノオマジックのブースター様がこのIDを使ってネットでアウェー戦のチケットを購入された場合、「島根のブースターさんがアウェーのチケット購入に対して大きな貢献をしてくれているな。」ということが分かります。そうすると、現在検討されているリーグから各クラブへの配分金について、「インセンティブ」と言われる項目がより高く評価されるということも検討されているようです。私がアウェー戦に行く時にいつも多くのブースターの皆様が応援に駆けつけてきてくれているので、そうしたブースター様の熱い思いが、リーグの評価に反映されるというのはすごくありがたいと感じます

 なお、2015-2016シーズンのブースタークラブ会員数はサポート会員を含め12,183名になりました 誠にありがとうございます そのうちサポート会員は8,935名でしたので、従来のブースタークラブにご入会いただいた方は3,248名となります。2014-2015シーズンのブースタークラブ会員数が3,019名でしたので、単純に従来のブースタークラブ会員数だけでも229名の増加となり、全体では9,164名の増加となりました。誠にありがとうございました
ブースタークラブ会員数2015-2016
 来たる2016-2017シーズンはB2で必ず優勝し、最短でB1に駆け上がるという目標を掲げています。この「最短B1」という大きな目標を達成するためにはブースターの皆様に支えていただき、一緒に力を合わせてB1を目指していく必要があります ぜひ皆様の熱い声援、ご支援で私たちを夢のステージに押し上げてください

 より多くのブースタークラブ会員獲得のために頑張って参りますので、ぜひご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます

 今日はくにびきメッセで2015-2016シーズンのブースター感謝祭を開催させていただきました GWウィーク中での開催にもかかわりませず、400名を超えるブースター様にお越しいただき、誠にありがとうございました。
2015-2016ブースター感謝祭
 前売り券が300枚くらい売れていたので、いつもの会場ではなく大きめの会場を押さえましたが、大きくしておいて正解でした

 フリースロー大会とか、選手のサイン会、トークショー、じゃんけん大会等、いろんなイベントでみなさん盛り上がっておられました 日頃たいへんお世話になっていますブースターの皆様に喜んでいただけて本当に良かったです
フリースロー大会
サイン会
トークショー
じゃんけん大会
 オークションもお陰さまで盛況のうちに終わりました。今回は落札された方に選手ののぼりもプレゼントさせていただきました。一点ものなので、ぜひ記念にお家で飾ってください
オークション(入札)
 今日は開場が12:30で、実際の感謝祭は13時から15:30まででしたが、全然時間が足りないくらいでした。やっぱり楽しいことはすぐに時間が過ぎてしまいますね

 チーム全員が集まって行うイベントとしては、残すところ18日のスポンサーサンクスパーティーのみです(ブースタークラブのプレミア会員様もご参加可能です)。このチームをもう少し見ていたかったというのが正直な気持ちですが、現実を受け止めて前に向かって進んでいくしかありません。そして球団メンバーとマイケルHCとで力を合わせ、来シーズンは今年よりさらに強いチームを作ってコートに戻ってきたいと思っています

 今シーズン本当にお世話になりました しばらく低迷していた島根スサノオマジックが今シーズンこれだけ盛り上がったのもブースターの皆様の熱い応援があったからだと心から感謝しています。来シーズンはもっと熱いゲームをお見せできるよう頑張りますので、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

 2015-2016シーズン本当にありがとうございました

↑このページのトップヘ